ゴールデンウィークは沼田健康ランドへ行った

谷底の駅、山の上の街。 長いこと群馬にいたくせに、なんにも知らないで暮らしていたもんだと。 ここは群馬県沼田市。 上毛(群馬)を4分割してとらえた場合の呼び名が北毛地区。 まあそのまんま、群馬の北のほうなんです。 沼田駅から坂を登った山の上にあ…

みんな遠くに行っちゃって、ヒマだから

「どちらからいらしたんですか?」 「あ、東京です」 「わざわざ東京からこちらまで。ご実家ですか?」 「いえ、違うんです、あの、でも、実家は同じ群馬なんですよ、館林なんですよ」 「館林は暑いところですよね」 「そうなんです、それくらいしかなくて」…

サウナに入るために郡山と二本松と須賀川に行った

お馬さんや自転車に金をぶち込むくらいなら旅に出たほうがいい。 論文を書くくらいなら…旅に出るより、論文を書くべきなのかもしれないけど。 郡山湯処まねきの湯は、郡山駅から歩いて15分くらい。 まねきの湯にやってきたのは、去年の溶けそうに暑かった8月…

久慈サウナへ行ってきた話

久慈サウナのサウナ室は、入った瞬間の饐えた匂いがたまらなかった。 これはずっと使われてきたサウナの匂いだと思った。 こうなると深呼吸をしてしまう。 おかげで1セット目から体の中まで熱くなった。 【久慈サウナ(サウナイキタイ)】 https://sauna-iki…

八戸に行って見たことのない景色を見て食ったことのないメシを食った

そりゃ晴れた日なら、歩いていて「靴下の替えを持ってくればよかった」なんて思わずに済んだんだけどさ。 しかし見たことのない景色の見るために八戸までやってきたのだから、地元の人が「八戸はそんなに雪が降る土地じゃないんだけどねぇ」なんて言ってくれ…

小田原の海と天然温泉コロナの湯

昼の定食屋でこれだけ食べれば、さすがに「晩メシはいらない」の気分になってしまう44歳。 しかし帰り道の新宿駅でつけ麺を食べた。 衰えは食欲の減退よりも、食べたことを忘れる方向に向かっているのかもしれない。 「おい、朝ご飯はまだか?」 「あらいや…

馬堀海岸と横須賀温泉 湯楽の里

名前に「海岸」が付くのはいい駅なんだ。 松島海岸、種差海岸、城ヶ崎海岸…その他いろいろ。 今日は京急に乗ってやってきたから、そこに大森海岸を含めても許してあげる。 この日は半袖で十分だった。 でも人々はもう、半袖に戻ろうとはしなかった。 公園が…

秋晴れの日は東久留米の第二喜多の湯へ

「たけのこをぬかないようにしましょう 東久留米市役所」 いやー、こんなに蚊が乱れ飛んでる場所で、たけのこ取りはしんどいでしょう。 松茸だったら無理しちゃうかもしれないけど。 今年の夏には「あんまり暑いと蚊も出てこない」という話があったけど、蚊…

ソフトバンク7-0オリックス(長崎県営野球場)

夕方の手前にチェックインしたら、みなとサウナの前には「本日のカプセルホテルは『満室』です」と掲示が出ていて最高だった。 すぐそこの大波止の電停で路面電車を待っていると、赤迫行きが通過していった。 新幹線の開通に触発されて、長崎電気軌道も特急…

佐世保のサウナサンへ行ったこと

日本中が全部、佐世保になってしまったらいいのに。 それぞれの歴史からすれば必然で、長崎県民から見ればなんの不思議もないんだろうけど。 それでも長崎県内で、長崎市と佐世保市が両立しているのを長いこと不思議に思っていた。 理解できないというより、…

今日のサウナは中洲のグリーンランドだった

ケースの中のトマトが艶々していたから、美味しそうだと思ってしまった。 ずっとトマトは嫌いで生きてきたくせに。 物事は結局「艶」なのかなぁ。 俺は玉子焼きにアジフライが付いた定食を食べた。 隣のおっちゃんは、ちゃんぽんにおにぎりをひとつ付けてい…

真夏の新潟はスノーピーク

0番線ホームには精霊が宿る。 競馬で損するくらいなら、とっとと旅に出てしまったほうがいい。 いわんや夏競馬をや。 特に小倉競馬なんて、もう合わせる気のない数字合わせにしか思えない。 それでも大井競馬にはかなわないけど。 そんなことを言いつつも、…

そういえば俺は北海道に行ったのだった その2(せいわ温泉ルオント・なよろ温泉サンピラー・ホテル美し乃湯温泉)

ここは北海道だから、特急ライラックの車内でもジンギスカンが楽しめちゃうんだぜ。 仙台の牛タン弁当は紐を引っ張ると熱くなるタイプ、札幌駅で買ったジンギスカン弁当はお姉さんが買ったその場で「熱めのほうがいいですか?」と訊いてくれて、レンジにかけ…

そういえば俺は北海道に行ったのだった その1(奥の湯・天然温泉あしべ屯田・月見湯・石狩の湯ドーミーインPREMIUM)

車両の中間ドアにもデッキがあると北海道だなと思う。 春になっても、ここはやっぱり雪の国。 いちいちこういう、手間のかかった車両を使わなければならない時点で、JR北海道はしんどい鉄道会社で間違いない。 札幌の時計台がガッカリ名所に挙げられているの…

『月刊サウナ』の連載第5回

【tower eleven onsen & sauna メモ】 ・入浴チケットは事前予約で買える ・当日の飛び込みでも入れる ・現金は取り扱っていない ・基本的に試合のある時間の区分は5000円、それ以外は2500円 ・大小タオル付き、水着は1000円でレンタルできる ・お互いに配慮…

ゆっこ盛岡→ひづめゆ→KANAN SPA→開運の湯→ながまち梅の湯

人事異動に一喜一憂する大人になんかなりたくなかった。 だってそんなの、典型的なおっさんのイメージじゃん。 しかし俺は、典型的なおっさんになってしまった。 だから今のうちに、年度が替わってわけのわからない生活を強いられる前にと、盛岡までやってき…

喜連川温泉→お丸山ホテル→宝湯

鉄道で旅をしていると、ちょくちょく見かける地名ではあるのです。 それでもなかなか目的地にはならない分、「黒磯駅」と言われて所在地を答えられる人はどれくらいいるでしょうか。 しかし、ここは確かに2005年までは黒磯市だったのです。 東北本線から、喜…

焼きそば1パック600円の競馬場と尾張温泉東海センターと

晴れた日は名古屋競馬場へ。 去年の1月2日も俺は名古屋競馬場にいた。 それは名古屋駅からあおなみ線で向かった先の「土古」にある、年季の入った競馬場だった。 その後競馬場は移転して、今年の俺は近鉄蟹江駅から無料の送迎バスで、名古屋競馬場へやってき…

元日は休日救急歯科診療へ

日曜日、休日、年末年始等、一般の歯科診療所が休診の時に、救急の患者さんを対象に応急処置を行っています。 (高知市歯科医師会HPより) やなせたかし風のイラストだが、ここは高知なので、これは本当にアンパンマンの作者が描いたイラストだ。 俺の2023年…

いい顔の85歳になるために

大晦日は高知競馬場にいた。メインは賞金2000万円の高知県知事賞だった。そこには去年まで大活躍し、今年になって落ち目になってしまったスペルマロンという馬が出走していた。高知競馬で活躍しても通常は種牡馬になる道はない(グランシュヴァリエは奇跡だ…

池田温泉(徳島県三好市)

これまでに見たことがなかった、アイボリーカラーに「タマゴシャンプー」の文字が入った洗面器。 ハードロックなラジオが流れる、脱衣所にあるサウナ。 斜に構えて立っているサウナストーブ。 水風呂は浴室の一番奥。 浴室の壁にはマンボー、エイ、筋トレを…

戦争には行かなかったけれど、福井にはやって来た

ロシア国内の入隊事務所では発砲事件が発生し、撃たれた1人が重体になりました。 ロシアメディアによりますと、犯人の男は親友に召集令状が届いたため、とても動揺していたとのことです。 プーチン大統領は24日、動員を拒否したり戦場で脱走するものに対して…

突然だけど富山県高岡市の日の出湯へ

誰も言わないなら俺が言ってやる。 お前の代わりなんかどこにもいない。 精神は成熟しない。 一方通行で壊れていくもの。 突然だけど富山県高岡市の日の出湯へ。 スチームサウナの室内に水風呂が含まれている造りに、ここはウェルビー福岡かと思ったが高岡で…

「仙台育英って優勝したことなかったの?」

家族旅行中に、はじめて甲子園で東北の高校が優勝したのを知った。 周囲もちょっとざわついていた。 熱海港と初島を結ぶフェリーの中で「仙台育英って優勝したことなかったの?」という会話を何回も聞いたし、妻もそう言っていた。 会員制、もしくは紹介制。…

松本に行ってきた

早朝の立川。 立川ミナミのカラカラサウナに入りたくなって、家を出たはずだったのに。 自分との約束すら守れない男が、立川発721のあずさ1号に乗り込む。 車窓には韮崎の観音様が。 松本着938。 駅前にはサウナ「クリーン・アップ」の看板だけが残っている…

日立に行ってきた

常磐線の日立駅には、まさに海岸へつながる海岸口があった。 「特急ひたち」で、「常陸の国」の「日立市」へやってきた。 石巻からやってきた。 海岸口にいた猫が「どうせだったら泊っていけよ」と言うもんだから、日立に泊まることにした。 全部、猫のせい…

石巻に行ってきた

石巻市震災遺構門脇小学校。 東日本大震災の後、世の中は変わってしまった。 世の中が変わったということは、人間が変わったということ。 この中には変わってしまう前の世の中が、人間が、その気配が、温存されているのではないか。 そんなはずはないけれど…

アサヒサウナ(青森県弘前市)

私は、この弘前の城下に三年いたのである。弘前高等学校の文科に三年いたのである。その頃、私は大いに義太夫に凝っていた。甚だ異様なものであった。学校からの帰りには、義太夫の女師匠の家に立寄って、さいしょは朝顔日記であったろうか、何が何やら、い…

今日は晴れたから沖の島へ行こう

宿毛市立弘瀬小学校と弘瀬中学校。 人口100人強の沖の島ではそりゃ併設になるよなと思ったのですが、実際には2004年に閉校していました。 校舎の入口には、ブラウン管のテレビがバリケードのように積まれていました。 今は沖の島小学校と沖の島中学校がやは…

宿毛は「すくも」と読んでくれ(宿毛リゾート 椰子の湯)

小さな駅でも車両が並べばターミナル感。 終点のひとつ前、東宿毛駅で下車したママと女の子がふたり。 じいじとばあばがホームまで迎えに来てくれるとは思っていなかったのだろう。 飛び上がって喜んでいた。 宿毛の街は、海に面しているのに山の中。 次は青…