読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第154回天皇賞(秋)

競馬

f:id:tsumetaimizuburo:20161030214632j:image

記憶に残る最古の天皇賞は第110回、ネーハイシーザーが勝った時。

1994年の秋だから、高校受験を控えた俺が志望校を巡って両親と戦っていた頃だ。

あれから倍以上の歳を食った俺はしっかりとおっさん体型のおっさんになったが、行きたい高校を受験できなかった悔しさは忘れられないし、両親への恨みも消えるどころか深まって…という俺の話はどうでもいい。

ここは俺のブログだけど、俺のことはもうどうでもいい。

f:id:tsumetaimizuburo:20161030215311j:image

7枠10番のネーハイシーザーが勝った天皇賞、2着は1枠1番のセキテイリュウオー

夜のスポーツ番組で「第110回だから1-10(馬連)で、簡単なレースでしたね」と誰かが言っていたのを覚えてる。

そういうサインというか数字遊びというか、散々馬券で痛めつけられてきた人間はそちらの方向に惹かれてしまう瞬間が出来がちなのは確かだが、だからといって第111回天皇賞が1-11で決まったわけではない。

f:id:tsumetaimizuburo:20161030221330j:image

今日だって第154回天皇賞

15番のラブリーデイは9着で、4番のサトノクラウンは14着だった。

f:id:tsumetaimizuburo:20161030220739j:image

ちなみにネーハイシーザーセキテイリュウオーに続いて3着にはロイスアンドロイスという面白い馬が入っていたのだが、当時は三連複も三連単もない時代。

それどころか、馬連導入の喜びの残り香すらあった時代。

f:id:tsumetaimizuburo:20161030220949j:image

とりあえず、ジャパンカップの日はまた東京競馬場に来る。

それより前にも、多分来る。

だからとりあえず、そんじゃ、またね。