読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TCK女王盃予想

競馬

f:id:tsumetaimizuburo:20170124223118j:image

◎タマノブリュネット

実績のホワイトフーガは承知しているが、あえて本命はこちらに。ここのところどうもホワイトフーガ蛯名正義、そして連勝中でここに挑戦のワンミリオンス戸崎圭太バイオリズムが悪いように見える。騎手にだって好不調はある。タマノブリュネットは予定していたルメールから真島大輔への鞍上強化(言い切る)、去年のレディスプレリュードでは同じ大井1800の条件でホワイトフーガに勝っている。そこではホワイトフーガ57キロにタマノブリュネット55キロだった斤量の関係が、今回は58キロ対55キロとさらにタマノブリュネット優勢に。これなら人気集中のホワイトフーガよりこちらから買いたくなる。

 

ホワイトフーガ

本来なら迷いなく◎にする実績馬。以前陣営から喉鳴りが…というコメントが出ていた記憶があるのだが、気のせいだろうか。58キロは克服済みだが、それでも牝馬の58キロ。力があるのは認めた上で、付け入る(付け入られる)隙があるように思えてならない。

 

▲ワンミリオンス

例え条件戦といえども、牡馬を相手に連勝できる能力の持ち主ならば通用するのが牝馬限定重賞。タマノブリュネットのところで戸崎はバイオリズムが悪いと書いたが、それでも大井の戸崎。馬はここで一度壁に当たる順番と見るが、それでも馬券圏内は充分。

 

△タイニーダンサー

前走クイーン賞2着を復活の兆しと見ても、マークは三連単の3列目までか。ただ騎手のバイオリズムを問題にするのだから、ここで田辺の馬を買い目に入れないのはおかしいわけで。ひとつ評価を上げて、2列目にもマークしてみてもいいかも。

 

リンダリンダ

地方馬を買い目に入れるならJBCレディスクラシックで3着に入ったトーセンセラヴィをピックアップするのが筋だが、あのレースは川崎1600。トーセンセラヴィの戦績からしてもマイルがベストくさい。距離延びて、というところがプラスに作用するのはこちら。三連単の3列目にひっそりとマークしておくといいことあるかも。