【外国人で】マイルチャンピオンシップ予想

f:id:tsumetaimizuburo:20171118221842j:image

エアスピネル

レッドファルクス

イスラボニータ

△クルーガー

ペルシアンナイト

△グランシルク

 

上記6頭中5頭の鞍上が外国人騎手。

 

前哨戦の富士Sで勝ち切れない流れを払拭したエアスピネルは、ここにきてツキを失った武豊(自業自得?)よりムーアのほうがいいんじゃないか。

レッドファルクスは弟のCデムーロでもキレ味を引き出せれば。

イスラボニータは安定の戦績と安定のルメール、叩いて上積みのタイプではないだけにエアスピネルを逆転するまでは厳しいか。

クルーガー、未知の魅力を得意の中山ではないがシュタルケが頑張れば。

ペルシアンナイトはG1のMデムーロ、大外枠の不利に目を瞑っても買い目に入れないわけにはいくまい。

最後にようやく、何とか日本人騎手の意地を見せてくれそうな諦めない田辺のグランシルクを加えてここまで。

 

マルターズアポジー武士沢のG1制覇のシーンが見たくて前傾姿勢の展開予想も考えたが、おそらく好位からいくムーア、ルメール、Mデムーロが道中突いていくだろう。

角界のモンゴル勢はおかしなことになっているが、今年のマイルチャンピオンシップは外国人騎手の馬で掲示板が占められてもおかしくないと考える。

【3着争い】黒潮ジュニアチャンピオンシップ(高知)予想

f:id:tsumetaimizuburo:20171117231226j:image

◎ネオプリンセス

○ヴァリヤンツリ

ネイティヴゴールド

△シェナフィリア

サードレディ

△レジーナローザ

 

4戦4勝、全て逃げて快勝の1枠1番ネオプリンセスを本命に。

この2歳馬、中央競馬のファンには理解しがたいところだろうが、前走は最下級戦とはいえ古馬を破っている。

すでに同世代では相手に不足あり、上の世代に喧嘩を売りに行っている状況で順当に本命だ。

 

次点の2枠2番ヴァリヤンツリは5戦3勝だが敗れた2戦は800mなので度外視していい。

高知で競馬らしい競馬が展開されるのは1300m以上だ。

今のところ4コーナーに向けて押し上げていくスタイルの競馬なので、ネオプリンセスと競り合ってスタミナ切れの展開も考慮しなくてよいだろう。

ただ持ちタイムの差でどうしてもネオプリンセスには敵わない評価。

ネイティヴゴールドは実力通りの3番手評価、シェナフィリアは赤岡の手腕で3着食い込み期待、サードレディとレジーナローザは道中離されるかもしれないがネオプリンセスが先行馬を潰してくれる展開になれば追い込みどこまで、といったところ。

 

1着賞金140万円。

当地デビューの馬たちだけで2歳重賞を組めるのだから、いつも言っている気がするが高知競馬は本当に頑張った。

今週の重賞は土曜の17時10分発走。

マイルCSの資金稼ぎに黒潮ジュニアチャンピオンをぜひ。

心を壊す

f:id:tsumetaimizuburo:20171115234012j:image

22歳で就職した頃、世の中にはなんとおかしい人間がいるもんだと思った。

彼は新入社員を並べ、それぞれの出身地を尋ね、初めてのゴールデンウイークには必ず帰省して先輩に恵まれた職場であると親に向かって10回説明することをノルマとし、自分好みの土産を買ってきた社員を一番の贔屓にすると宣言した。

その後経理で「何か」をやらかして、子持ちの身で送別会のない退職をして消えた。

 

22歳で就職した頃、世の中にはなんと狂った人間がいるもんだと思った。

彼女は若手社員を個室に呼び出し、3時間の説教で生まれも育ちも否定し、涙を流す若手社員を見ながら「一度こういうことがしてみたかったんだ」と満面の笑みで定時に帰っていった。

その後「何か」の疾患で突然出勤しなくなり、そのまま消えた。

 

22歳で就職した頃、世の中にはなんと無責任な人間がいるもんだと思った。

天下りの彼は初見の挨拶で「自分の身は自分で守れ」と得意げに語り「じゃあ、あなたの仕事は何なんですか」と突っ込まれたら急に怯え始めた。

その後あっという間に死んだ。

半年も持たなかったように記憶しているが、どうでもいいことなので曖昧だ。

ちなみに突っ込んだのは、唯一と言っていい我が師と呼べる存在。

 

34歳で退職を決めた頃、結局世の中は結局図々しく生きられる人間が一番強い、と思った。

彼女は家庭第一を宣言しつつ、女性社員には家庭のための特段の配慮をしながら、男の俺には子どもが熱を出したと保育園から電話が入っただけで「不真面目だ。今すぐ退職しろ。自分の意思で」と怒鳴りつけてきた。

その後は関わりたくもないのでこれは風の噂だが、彼女は離婚し、親権は父親へ。

 

振り返ると各人にそうなるべきオチがついていて、ある意味世の中は正義で機能しているのかもしれないと思った。

今になると彼ら、彼女らは根っから○○というより、何かのきっかけで心を壊されながらも、壊される前の世界で生き続けることを余儀なくされていた存在だったのだろう。

俺と同世代の中にも、疲れ果て、壊れてしまった仲間が結構出てきたから、壊れるプロセスまで含めて想像はできる。

そして他人事のように書いているが、もちろん自分だって予備軍には違いない。

片足だって認めたくはないけれど、片方の足首くらいまでは突っ込んでいるかもしれない。

 

それでも上に書いた連中、どんな事情があったって誰ひとり許してないんだけどさ。

キュアいわき駅前店(福島県いわき市)

f:id:tsumetaimizuburo:20171113213915j:image

JR常磐線、そして忘れちゃいけない磐越東線の起点でもあるいわき駅

ひと際白地の看板が眩しい、キュアいわき駅前店。

f:id:tsumetaimizuburo:20171113214252j:image

看板が眩しく見えるのは、周りに明かりが乏しいから…というのもなくはない。

いやいわき市は人口30万人超、これは県庁所在地の福島市より多い立派な数字。

ただ合併で大きくなった街なので面積がとにかく広く、駅前はいまいち中心地感が薄い。

ここはかつて人口10万人弱の平市、いわき駅も平駅だった。

同じキュアでも、仙台の国分町店には宴会コースがあるレストランがあるのだが、こちらいわき駅前店には無し。

f:id:tsumetaimizuburo:20171113215350j:image

泊まりでの利用の場合に限って、朝食は設定されているらしい。

美味しいものは街に出て食べてください、ということなのかもしれない。

f:id:tsumetaimizuburo:20171113215603j:image

腹が減っていたものだから食事ができない(フロントで軽食は売っていたようだけど)のは残念だったが、内装も看板のイメージ通りで明るく清潔感に溢れた白が基調。

ドライサウナは15人くらいは余裕で入れるサイズ、かなり高い場所に取り付けられた室温計は90℃を示していたが、体感と発汗からしてもう少し上かもしれない。

毎週日曜と月曜に限ってロウリュがあるらしいが、この熱さの中だとなかなか期待できるなと思わせるレベル。

水風呂は16℃表示、ここは分かりやすく塩素臭。

サウナ室内で歯磨きしてる人がいて、タオル敷きっぱなしで指定席を確保している人もいた。

ただここまで来るとマナーどうこうと言う気にはならない。

特に不快な様子を見せている人もいなかったし、まあ細かいことは言いなさんなと、ここではここのルールとして共有されているのかもしれない。

皆で日本シリーズを観ながら汗を流しているところで、一見の人間がつべこべ言うものでもないだろう。

サウナはその土地の人のものだから。

f:id:tsumetaimizuburo:20171113221543j:image

サウナの後は、せっかくだから繰り出してみる。

小さなバーに入って「2016の特急ひたちで帰るんです」と話すと、刺身とご飯とビールを出してくれた。

何だか普通に晩ご飯。

f:id:tsumetaimizuburo:20171113222001j:image

バーで酔い潰れるようなこともなく、腹一杯になって予定通りの特急ひたち。

再び、常磐線で仙台まで行けるようになる日を待ってる。

新幹線じゃなく、海沿いの単線区間をゆっくり味わいながら進んでいく特急ひたちで、今度はキュア国分町店にも行ってみたい。

 

【キュアいわき駅前店】

http://cure-iwakiekimae.jp/pc/

【勝負駆け】エリザベス女王杯予想

f:id:tsumetaimizuburo:20171111232822j:image

ヴィブロス

スマートレイアー

クイーンズリング

ルージュバック

ミッキークイーン

△モズカッチャン

 

今年のエリザベス女王杯は豪華メンバーの評。

思うに3歳馬、秋華賞の1着〜3着馬がレース間隔がどうの、距離延長がどうの、騎手の手配がどうの、などと泣き言を言わずに揃って出走してきたことがその要因。

しかしこの3歳馬たちの目標は当然、まずは世代限定の秋華賞だったはずであって、そのためのトライアルも使われてきている。

秋華賞を制したディアドラに至っては8月の札幌から毎月1レース、季節を越えて使われ続けてこのエリザベス女王杯に挑む形。

 

ならば古馬、前哨戦を叩いてエリザベス女王杯に全てを懸けてくる熟女たちを重視するのが必然だ。

海外遠征から半年の休養を経て府中牝馬Sを「いかにも」な競馬で2着したヴィブロス、鞍上ルメールが継続してくるのもまた「いかにも」で軸馬に相応しい。

相手はこれも休養明けをひと叩きのローテーション、ここにきて急にツキがなくなった武豊から川田に乗り替わりのスマートレイアー

この両ディープインパクト産駒を、クイーンズリングルージュバックの両マンハッタンカフェ産駒が追いかける力関係。

ミッキークイーンは去年の3着馬、モズカッチャンは評価を下げた3歳馬だがタフなイメージでこれだけは買い目に入れておきたい。

 

今年のエリザベス女王杯、主役は熟女。