大抵の人は美談が好きだけど、別に心が美しいわけじゃない

f:id:tsumetaimizuburo:20200227225616j:image

ほんのちょっとだけ前のことなのに、すぐに忘れてしまう。

俺はそういう脳しか持てなかったのだ。

記憶できないのなら記録するしかない。
f:id:tsumetaimizuburo:20200227225645j:image

有意義なことだけで人生を満たそうという思考が嫌い。
f:id:tsumetaimizuburo:20200227225628j:image

ここは千葉県香取市、かりんの湯。

往路はバスと徒歩でやってきた。

バスは浜松町から約90分、徒歩は栗源バス停から30分以上。

それだけ歩くことは最初から織り込み済みだったから、文句はない。

明るいサウナと一人用の壺水風呂。
f:id:tsumetaimizuburo:20200227225620j:image

自分が美しくないから美しいものが好き。

何も不思議じゃない。

大抵の人は美談が好きだけど、別に心が美しいわけじゃない。

それと同じだよ。
f:id:tsumetaimizuburo:20200227225638j:image

意識が高いと自覚した人々は、全員が同じ顔をして、全員が同じ話をする。

意識の低い形は様々だから、一様には括れない。

「幸せは似ているが不幸はいろいろ」って感じの名言、誰かが残してたような気がするのだけど忘れた。
f:id:tsumetaimizuburo:20200227225649j:image

本数の少ない路線バスを絶好のタイミングで捕捉するのは嬉しいこと。
f:id:tsumetaimizuburo:20200227225612j:image

カレーを食べたい、インドカレーをナンで食べたい。

そんな思いは叶いそうにない佐原の町並みだった。
f:id:tsumetaimizuburo:20200227225624j:image

「生きていればいつかいいことがある」なんて、健康な奴が健康な奴に吐く時しか成立しないセリフだろ?

f:id:tsumetaimizuburo:20200227225653j:image

時間には限りがある。

これは意識が高い話じゃなくて命の話。
f:id:tsumetaimizuburo:20200227225635j:image

そもそも意識が高いってなんですか?

中止になったイベントのポスターを見てただ「仕方がない」と言い切れる思考のことですか?
f:id:tsumetaimizuburo:20200227225631j:image

佐原という駅は「特急あやめ」で来るところだとばかり思い込んでいたのだが、そんな列車は5年前に廃止されていたのであった。
f:id:tsumetaimizuburo:20200227225656j:image

大体が切り欠きで、駅の隅っこにひっそりと存在している0番線ホームが好きだ。

東武伊勢崎線太田駅、立ち食いそば屋のある0番線が大好きだった。

今日は鹿島線の電車が止まっているタイミングではなくて、残念だった。
f:id:tsumetaimizuburo:20200227225642j:image

佐原駅前の店。

平日の昼間、定食屋で飲むビールは普段より5倍はうまかった。

明後日はエクストリーム授業参観で

f:id:tsumetaimizuburo:20200224001010j:image

欲は出すものじゃない、持ったままで秘めておくもの。

 

フェブラリーS 理想と現実

◎モズアスコット 1着

○ワイドファラオ 12着

▲インティ 14着

サンライズノヴァ 3着

△ワンダーリーデル 4着

ノンコノユメ 8着

 

2着は16番人気のケイティブレイブだった。

昨日のダイヤモンドSを勝ったのも、16番人気のミライヘノツバサ。

こんなに16番人気のお馬さんが頑張ってくれてしまうと、財布の中があっという間にすっからかんになっていく。

 

祝日の今日は仕事、振替休日の明日も仕事。

俺はなにか来月に内示を受けるらしい。

今日そんなことを聞かされた。

今のポストが3年間は続くと思っていた中でのまだ1年目、派閥に属さずにいるとこういうことが起こってしまう。

どうせろくな話ではないし、しかし俺に拒否権がある話でもない。

ただただ、数合わせに使われるだけ。

 

明日の仕事の後は人と会って、おそらく泊まり。

翌朝はそのまま息子の小学校に向かって授業参観と保護者会。

職場と家庭にだいぶ飼い慣らされてしまったので、このくらいでは忙しいとは思わないが、心の置きどころが見つからない時間が続く。

最近は「楽しい」の感情が前にも増してよく分からなくなってしまって、これは前世の罪でも償っているのだろうか。

どれだけ前世の自分は悪事を働いたのだろうか。

しかしそれはきっと、楽しいことだったのだろうな。

f:id:tsumetaimizuburo:20200224003400j:image

今日は変わらないのがありがたい境南浴場でサウナ。

入浴料にサウナ料金を足して670円、それに最近は30円の歯ブラシも買って、帰ったら寝るだけの体勢をここで作り上げてしまうことにしている。

【馬体充実】フェブラリーS予想【2020】

f:id:tsumetaimizuburo:20200222220039j:image

◎モズアスコット

○ワイドファラオ

▲インティ

サンライズノヴァ

△ワンダーリーデル

ノンコノユメ

 

◎モズアスコットは前走の根岸Sパドックで一頭馬体が違うように見えたのは芝馬だからか?と思っていたらあの快勝劇。

初ダートの1400mでマーフィー騎乗のコパノキッキングを差し切ってしまったのだから大したものだ。

距離延長になるがここ数年は根岸Sからの参戦組が優勢で問題なし、ダートで開眼して再び充実期に入ったと見てこの馬からいく。

 

○ワイドファラオと▲インティは先行力を評価。

アバウトだがどちらかは前のまま残るのでは……という考え方。

とかくインティは去年の覇者だけに高く評価したいが、ここに来てどうもレース運びに器用さが出てきたのが勝ち切れない結果に繋がってしまっている感。

サンライズノヴァは地力はあるが、今回鞍上と戦法を変えるという(差しの競馬をするらしい)二重の変化に?マーク。

△ワンダーリーデルに騎乗する横山典は当日が52歳の誕生日、最後の△ノンコノユメはスタートさえなんとかなれば。

フェブラリーSに向けてたまには馬券の自慢をさせてくれ

f:id:tsumetaimizuburo:20200221232050j:image

フェブラリーS 過去3年の予想と結果

2017年

ベストウォーリア 2着

○モーニン 12着

ゴールドドリーム 1着

△カフジテイク 3着

ノンコノユメ 7着

アスカノロマン 15着

2018年

ゴールドドリーム 2着

テイエムジンソク 12着

ノンコノユメ 1着

サンライズノヴァ 4着

△キングズガード 6着

インカンテーション 3着

2019年

◎インティ 1着

ゴールドドリーム 2着

▲オメガパフューム 10着

ノンコノユメ 13着

△クイーンズサターン 11着

△モーニン 4着

 

ノンコノユメ好きだな……という感想はともかく、フェブラリーSは馬券の相性がいい。

◎ー○▲ー○▲△△△に、○▲ー◎ー○▲△△△の折り返しも買うスポーツ紙型のフォーメーションで、2017年と2018年は文句なく三連単を的中。

2019年は3着がない、と見せておいて当日の東京競馬場ではこんなことを呟いていた。

そのユラノトが3着に来てくれたもんだからこの年も的中。

ブログで遡れない2016年も、軸にしたノンコノユメ(本当にノンコノユメ好きだな)がモーニンの2着に突っ込んできて万馬券を獲った、はずだ。

古くはサクセスブロッケン単勝で勝負して、払い戻しを受けた後そのまま羽田空港に直行してスネ夫のごとく味噌ラーメンを食べに札幌まで飛んだこともある。

珍しくというか、唯一といっていい得意なレース。

基本的には前目にいく馬、ただし相手には思いっきり後ろから追い込んでいく馬も加えておくのが例年のパターン。

それに今年は前日に雨が降る予報だから、まったく追い込みが効かないこともないだろう。

穴が出るなら後ろからの馬だ。

 

今年は的中したら佐賀に行きたい。

未踏の佐賀競馬場に行きたいのだ。

普段からの感謝の気持ちをダイレクトに伝えるべく大枚を妻に渡して、残った金で旅に出ればいいや。

そして今のところ、今年はノンコノユメを買うつもりはない。

スカイスパ戦記

f:id:tsumetaimizuburo:20200220223108j:image

14:35 スカイビル着。

横浜駅周辺はコロナウィルスの件で色々言われているが、人通りはいつもと同じに見える。

現段階では日常を続けるしかないが、催し物のポスターが目に入ると、これも中止になるのだろうかと心が痛くなる。

それにしても、品薄もいいところなのに、皆んながしっかりマスクをしているのは不思議だ。

 

14:40頃 スカイスパin。

ここには1850円の学生料金があるので、ありがたく権利は行使する。

 

14:45頃 浴室へ。

身体を流し、ほったらかしだった髭を剃り、歯を磨いているとエクストラアウフグース開始の声がかかる。

 

15:00 エクストラアウフグース開始。

サウナ室内はほぼ満室。

細身の熱波師が何杯もアロマ水を掛け、タオルをくるくる振り回す。

スカイスパのアウフグースは、いつからこんなに熱さを強調するようになったのだろう。

あちこちでぬるいぬるいと評されてきた怨念を、晴らすターンに突入したのかもしれないし、それならば応援したい。

f:id:tsumetaimizuburo:20200220224305j:image

15:30頃 一時休憩。

相変わらずコロナウィルスのニュースばかり。

14日あたりから、報じられる内容が一気に悪いものになってきた。

東日本大震災以来の、生活が崩れていくような感覚が蘇ってきてしまう。

f:id:tsumetaimizuburo:20200220224855j:image

16:00頃 レストランへ。

iPadの充電をしながらかき氷を食べる。

ソフトクリームのトッピングはバランスを取るのが難しい。

氷と一緒に口に入れたかったが、そのためにはソフトクリームを別皿にしてもらう必要がありそうだ。

f:id:tsumetaimizuburo:20200220225309j:image

17:00 アウフグース開始。

エクストラがつかないアウフグースだったが、熱さは15時の回とほとんど変わらず。

脱落者も多かった。

やはりスカイスパのアウフグースは熱さ指向になったということなのだろう。

 

17:30 垢すりへ。

昨日仕事にひとつ区切りをつけられたこともあり、あまり好きな表現ではないが自分へのご褒美ということで。

垢すりをしてくれるのは若いお姉さんで、このコーナーには他のサウナ施設のような影のある雰囲気がない。

スカイスパはどうやってスタッフを集めているのかと思う。

垢すりそのものよりも、足の裏をぎゅっと握ってもらった瞬間が気持ちよかった。

 

18:10頃 休憩室に戻ってうとうとするが眠れはしない。

 

19:00 アウフグース開始。

この回が最後と決めて受ける。

前2回とは違う熱波師で、今回は多少マイルドに。

ただ、そもそもサウナ室の体感温度そのものが高くなっている気もする。

その辺は毎日ここへ通っているあの人に尋ねてみればいいか。

 

19:30 スカイスパout。

南武線に乗るのは気が重いが、来た以上は帰るしかない。

いっそ京急でぶっ放して金春湯まで行こうかとも思ったが、あそこはスカイスパのおまけにしてしまうのはもったいない。