東京競馬場で逢おう フェブラリーS

f:id:tsumetaimizuburo:20190217220700j:image

今日はコパノキッキングに藤田菜七子、女性騎手が初めてG1に挑む日。

f:id:tsumetaimizuburo:20190217222248j:image

これは6レース、サンタナブルーに騎乗するシーン。

もっとアップの写真が見たかったら、いいカメラ持ってる人のサイトに行ってください。

俺もそうするから。

やっぱり身のこなしは女の子。

f:id:tsumetaimizuburo:20190217221339j:image

コパノキッキングは1400mの根岸Sを制してここに。

マーフィーの騎乗は見事だったが、これ以上の距離は長いと勝った後にハッキリと口にしていた。

200m延びるフェブラリーS笠松の名手から中央の高速競馬も手玉に取った安藤勝己は「控えて後ろから、溜めて差し脚に賭けるべき」と主張。

かたや62歳の今も大井の帝王である的場文男は「距離に不安はあってもある程度(スタートから)出していくべき」であると。

このあたりは大レースでも腹を括って後ろから行ける騎手と、とにかく位置を取れればあとは豪腕で持っていく自信がある騎手との、スタイルの違い。

だからどちらも正しくて、面白い。

f:id:tsumetaimizuburo:20190217222636j:image

フェブラリーS 予想と結果

◎インティ 1着

ゴールドドリーム 2着

▲オメガパフューム 10着

ノンコノユメ 13着

△クイーンズサターン 11着

△モーニン 4着

 

3着が無いからハズレ?

いやいや。

f:id:tsumetaimizuburo:20190217223013j:image

この買い方で的中ですよ、奥さん!

同じマイルのヒヤシンスSまでを見ていたら、どう考えても鮮やかな差し切りが決まる馬場には思えない。

そこでノンコノユメとモーニンにお別れ、ユラノトさんこんにちは。

こういう変わり身が決まるのも現地観戦の醍醐味。

コパノキッキング藤田菜七子安藤勝己流の騎乗を選んでの5着、上々でしょう。

インティはこれから砂のサイレンススズカになっていくと思っている。

f:id:tsumetaimizuburo:20190217223609j:image

そして最終レースが終わったら勝利ジョッキーと的場文男、足して通算11251勝のトークショーですよ、奥さん!

インティと武豊の勝利を称えつつ、何度もファンに頭を下げながら腰の低いトークを繰り広げつつ、「一番強いのはゴールドドリーム」とそこだけは譲らない的場さん。

「ルヴァンスレーヴとは当たりたくない」と武さん。

インティはまだまだ気性に危ういところが多いとのことだが、俺は前に行ける馬のほうが強いと思っている。

f:id:tsumetaimizuburo:20190217224840j:image 

行きにここで手を合わせたのが今日の馬券の勝因だったのかもしれない。

感謝の気持ちで帰りにも手を合わせて、これで冬の東京開催は終わり。

俺の週末もとりあえず終わり。

ダービーまであと3ヶ月ちょい。

【復権武豊】フェブラリーS予想【2019】

f:id:tsumetaimizuburo:20190216215532j:image

◎インティ

ゴールドドリーム

▲オメガパフューム

ノンコノユメ

△クイーンズサターン

△モーニン

 

◎インティの東海Sは大逃げの形ではなく、見直せば道中スマハマが前に出た場面もあった。しかし先頭で入った直線でさらに後続を突き放す姿には「砂のサイレンススズカ」を見た思いがした。サイレンススズカの主戦だった鞍上の武豊も今年絶好調で東西リーディングトップ。マイルも芝スタートも未知の要素だが、未知とは無理の意ではない。明日は平成最後の砂の怪物誕生だ。

 

ゴールドドリームは一昨年の覇者にして去年の2着馬。インティとは異なり、この馬は未知の部分が少ないのが魅力。結果的に東京大賞典をひと叩きにしてフェブラリーSへ臨んできたローテーションもプラス要素。未知の相手には既知を選ぶと予想にも落ち着きが出る。

 

▲オメガパフュームはそのゴールドドリーム東京大賞典で破った馬。距離短縮も、陣営の「いつもより刺激を与えてもいいと思って調整してきました」の言葉を信じれば、新味が出て楽しみな要素になる。

 

ノンコノユメは去年の覇者だが近走を見るに差し比べたらオメガパフュームには劣る。△クイーンズサターンは根岸Sと同じ1枠1番を引いた時点で内からスルスル馬券圏内の絵が浮かばなくもない。△モーニンは同じ根岸Sで末脚が目立っていた一頭。

 

インティを軸に据えれば前傾姿勢の予想をしたくなるが、他に先行勢では粘れそうな馬が見当たらない。

インティ相手は差し比べ。 

軍手に謝る

f:id:tsumetaimizuburo:20190212230426j:image

手袋の片っぽだけが落ちているのをたくさん見る季節になった。

取り残された片っぽだけの手袋はいかにも寂しげだが、落としてしまった人もきっと寂しいだろう。

不意に訪れてしまったお別れ。

取り残されなかったもう片っぽも「片っぽだけじゃどうしようもないからねえ」と、きっとその前途は明るくない。

軍手が落ちている分には特に寂しさを感じることはないから、このあたりに俺の区別と差別の意識があるのだろうか。

軍手ごめんな、お前にはたくさん世話になっているのに。

f:id:tsumetaimizuburo:20190212231450j:image

今日はサウナに行かなかったので昨日行った甲賀クリニック、の奥にある境南浴場の話。

珍しくまだ明るい時間に行ってみたら、サウナは混んでいたが座れないほどではなく、水風呂に入るタイミングもいつも一人だった。

サウナでは後ろから「ここのサウナはコスモプラザと比べたら……」という若手サウナーの会話が聞こえてきて、そういうところと比べるのは野暮だろうと思いつつ、一巡目の楽しさを満喫している時期なんだろうなあと羨ましくなった。

ひばり湯(神奈川県鎌倉市)

f:id:tsumetaimizuburo:20190211223954j:image

湘南江の島駅が綺麗になってる!

f:id:tsumetaimizuburo:20190211224118j:image

そしてなんと!なんと!湘南モノレールSuicaが使えるようになっている!

三菱重工系から他社へ株式が譲渡された、なんてニュースを見た記憶があるが、その結果がこの積極策なのだろうか。

湘南モノレール、まだまだやれそうだ。

f:id:tsumetaimizuburo:20190211224410j:image

人はどうしてこうも鎌倉に住みたがるのだろうか、と思いながらの全線乗車は15分弱。

終点の大船へ。

f:id:tsumetaimizuburo:20190211224918j:image

そして大船駅東口から徒歩で5分ほど、ひばり湯へ。

商店街を歩いて抜けて、もはや商店街ではなくなったあたりにこのひばり湯はある。

f:id:tsumetaimizuburo:20190211225153j:image

そう広くはない面積に各種浴槽とカランが実に15ヶ所、ドライサウナに露天の岩風呂とベンチスタイルの岩盤浴もある。

今回は入浴料470円にサウナ代300円、すると大小のレンタルタオルが付いてくる。

サウナ室はコの字型1段のレイアウトで、入ってもせいぜい5人のこじんまりサイズ。

他の利用者と向かい合ってしまうと、顔が近くて目を逸らさなければいけなくなる。

テレビは音が出ておらず、これが平常運転なのかどうかはわからないが、無縁社会をテーマにした重い雰囲気のNHKスペシャルが流れていたので、今日のところは音なしでよかったと思った。

水風呂は深く、通常の浴槽の感覚で入ったら鼻の上まで水がきてしまって焦る。

湘南モノレールというより、江ノ電に近い密着感のある銭湯。

f:id:tsumetaimizuburo:20190211230336j:image

シャンプーとボディーソープは据え置き無し。

でも売店が充実してるからなんとかなるさ、心配するな、大丈夫。

営業時間は通常は13時からと早め、週末はさらに早く10時半からとのこと。

毎週水曜と第3木曜が定休日。

f:id:tsumetaimizuburo:20190211230903j:image

確かにランナーたちがたくさん利用していたよ。

「週末にここから大仏まで走るんです」なんて会話がサウナ室でも交わされていた。

f:id:tsumetaimizuburo:20190211230725j:image

最初に看板を発見した時「へばり湯」と読んでしまったのは内緒。 

でもここは確かにへばったランナーにとっての回復の泉。

f:id:tsumetaimizuburo:20190211231403j:image

懸垂式のモノレールといえば、湘南モノレール千葉都市モノレール

次回は千葉都市モノレールに乗って、まだ入ったことのないサウナノーブルを訪ねてみようかと。

 

【ひばり湯】

https://k-o-i.jp/koten/hibariyu/

サウナトーホー最後の一枠

f:id:tsumetaimizuburo:20190209234212j:image

三連休の初日。

いつもと同じように起きて朝からレポートに手をつけようと思っていたのだが、思っていただけだった。

気づいたら午後、いつまで経っても降らない雪。

あえて家を出てネットカフェで3時間コース、1本仕上げた。

明日も1本、明後日も1本、三連休で3本。

好きでやっていることになっているんだから、これはもう仕方がないね。

f:id:tsumetaimizuburo:20190209234606j:image

橋本のネットカフェから横須賀のサウナへ。

今夜のサウナトーホーのカプセルは満室、最後の一枠を確保したのはおそらく俺だった。

好きなようにサウナに入って、好きなように寝る。

ここの浴室には照明で外が明るいように見せている窓があって、時間の感覚が狂う。

11時を指す時計の針を見て「まだサウナ入って昼メシ食ってまたサウナ入っても保育園のお迎え余裕だな」と思ってしまう。

ちょっと待て、その11時は23時だ。

f:id:tsumetaimizuburo:20190209235246j:image

さて、そろそろお昼の時間だからちょっと外に出てみましょうかね。

凍えるほど寒いけど。