井の頭公園の池の水ぜんぶ抜く

f:id:tsumetaimizuburo:20180121220055j:image

テレ東の、あっという間に人気番組になった『池の水ぜんぶ抜く』ではないのだが、こちらも池の水を抜かれている井の頭公園

珍しいから見物に行ってみたという話。

f:id:tsumetaimizuburo:20180121220327j:image

池の水を抜くことを「かいぼり」と言うらしい。

なでしこジャパンのキーパー?

漢字にすると「掻い掘り」。

漢字のほうが伝わってくる感じ。

f:id:tsumetaimizuburo:20180121220611j:image

かいぼりの作業は平成25年度から、繰り返し手を替え品を替え行われているのだという。

一回水を抜いて、綺麗にして、はい完了!

というものでもないらしい。

平成29年の開園100周年にあわせての実施。

あれ、もう平成30年…

年度だから、3月までに終われば平成29年度か。

f:id:tsumetaimizuburo:20180121221053j:image

風呂の水みたいにどんどん抜けてくれるわけじゃないし、湧き水だってある。

ここは神田川の源流。

今はまだ天日干しの最中で、これからまだまだカラカラになっていく途中とのこと。

f:id:tsumetaimizuburo:20180121222051j:image

水が抜かれた池でボートに乗りたい、なんて物好きも世の中にはいるかもしれない。

しかしボート乗り場はしっかり閉鎖されていて、これが資本主義社会の在り方。

f:id:tsumetaimizuburo:20180121222304j:image

お仕事がないので、スワンボートさんはお休み中。

これは失業ではないな。

自宅待機みたいなもんか。

いいよ、休める時はどんどん休め、君たちも働き方改革。

そもそもスワンボートたちはどこから来たのだろう。

f:id:tsumetaimizuburo:20180121222449j:image

井の頭公園でカップルでボートに乗ると別れる、っていう伝説があるらしいんだけど、そういう話はどこにでもある。

山中湖や河口湖のボートでもその伝説、語られていた。

そもそも大概のカップルは別れるものだから、これは伝説というより真実に近い。

f:id:tsumetaimizuburo:20180121222834j:image

井の頭弁財天、こちらにもカップルでお参りすると別れてしまうという伝説あり。

しかしまあ、大概のカップルは(以下略)。

f:id:tsumetaimizuburo:20180121223113j:image

実は井の頭公園でボートに乗ったし、弁財天にお参りしたこともあるんだ。

若き日の俺と若き日の妻は。

伝説崩壊?

いや、これから別れる(以下自粛)。 

f:id:tsumetaimizuburo:20180121223507j:image

しかしこの池の水を抜くのも怖いよなあと思う。

井の頭公園はバラバラになった人間の体が、器用に指紋を削られてゴミ箱に投入されていたという、恐ろしい事件があった場所。

かいぼりによって池の環境を、生態系をというのは当然にしても、隠れた目的も含まれているように思う。

f:id:tsumetaimizuburo:20180121224435j:image

平成25年、最初に水を抜いた時は池の底から山ほど放置自転車が発見されたらしい。

人間なんてそんなもの。

f:id:tsumetaimizuburo:20180121224650j:image 

公園だから、子供連れが楽しそうに遊んでる光景がいいね。

物好きのおじさんがウロウロ歩いて、湿った地面の写真を撮ってるのは本質じゃない。

f:id:tsumetaimizuburo:20180121224939j:image

正直まだまだ池の底には水が残っているので、もう少し乾燥した頃また来るかと思っていたところ、明日は雪の天気予報。

池の底まで真っ白になった井の頭公園も魅力的。

見たい!

来たい!

その前に電車が動いてるかどうかがあれだけど。

大高坂賞予想

f:id:tsumetaimizuburo:20180121002707j:image

カイロス

○ティアップリバティ

▲ギンパリ

△サトノキングリー

△カッサイ

 

今年の高知競馬、1本目の重賞は1枠1番カイロスから。

近走は1600mでも好走しているが、今回の1400mが明らかに高知競馬場ではカイロスに適した距離。

先手を取ってそのまま押し切る競馬が有力、かつては福山競馬の久松城賞と連携して行われていたこの大高坂賞を、今年は福山競馬最後のダービー馬カイロスが制すると見る。 

 

逆転の可能は大晦日の高知県知事賞で3着に頑張ったティアップリバティ、勝つ時は圧勝でまだ底が見えないギンパリまで。

サトノキングリーはパンチが足りず、カッサイは地力高いが使い詰めで上がり目なしの評価。

 

AJCCは◎ミッキースワロー、東海Sは◎テイエムジンソク。

中央競馬も高知競馬も、メインレースの重賞は堅めの決着になるのでは、というのが1月21日の予想の見立てだ。

サンフラワー(東京都豊島区)

f:id:tsumetaimizuburo:20180118224932j:image

いきなり飲食スペースの話から入るけど、巣鴨のサウナ、サンフラワーは居心地のいい居酒屋を絵に描いたような造りになっていて帰りたくなくなった。

2時間コースから一般コースへの変更のレベルを越えて、宿泊まで検討してしまった。

妻に連絡する勇気が起きず、残念ながら断念。

今となっては無駄な連絡を入れなかった自分にグッジョブ。

f:id:tsumetaimizuburo:20180118225232j:image

こういう感じの定食屋兼居酒屋を、地方の駅前(一日数本、東京からの特急が停まるレベル)でやりたいと思っていた時代もあった。

イメージでいうと青森の野辺地や三沢あたり。

渋い?

開業に漕ぎ着けたところで、新幹線が新青森まで開通した時点でギブアップだったろうな。

f:id:tsumetaimizuburo:20180118225509j:image

今はどこの駅前もチェーン居酒屋、日高屋吉野家、王将、そんな感じ。

個人のお店は難しい。

経営そのものの難しさ、後継者問題、それに今の税制も個人経営の事業主にはしんどすぎる。

f:id:tsumetaimizuburo:20180118225905j:image

いやいや、サンフラワーは法人経営のサウナですけどね。

2月上旬から3月の何日までか、改装のために休業するらしい。

帰ってきてからホームページで確認しようとしたら、どうもこのサウナにはホームページがないらしい。

気になる方は個々、お電話でご確認を。

f:id:tsumetaimizuburo:20180118230254j:image

おじいちゃんとおばあちゃんの原宿巣鴨

おじいちゃんとおばあちゃんがおじさんとおばさんだった頃に現役バリバリだった筐体が、今でもここでは頑張ってる。

f:id:tsumetaimizuburo:20180118230907j:image

肝心のサウナは106℃の表示で過不足なしの感。

水風呂は18℃くらいだったろうか。

外気浴はできないが、休憩用のリクライナーが浴場内に1台置かれている。

清潔感はあるし、ジャイアンカラーのシャツを着た店員さんがマメに見まわってくれているから心強い。

墨の入ったお客もおらず、このサンフラワーの治安は守られている。

わざわざ巣鴨を選んで泊まる機会はなかなかなさそうだけど、 ここに泊まっても別に貧乏くじではないな。

f:id:tsumetaimizuburo:20180118231759j:image

タオル地のようで、タオル地ではなさそうな館内着。

f:id:tsumetaimizuburo:20180118231849j:image

繰り返すけど、2月上旬から改装するとのことで、まずは改装前に来られてよかった。

f:id:tsumetaimizuburo:20180118232018j:image

そんでもって改装後、春になったらまた来るよ。 

今度は泊まり、最低でも一般コースで入りたい。

値上げとかないよね?

飲食スペースは、できれば今のままで温存を希望。

f:id:tsumetaimizuburo:20180118232220j:image

ありがとうございました。

考えてみればこれまで、巣鴨の駅で降りてみたことがあっただろうか。

f:id:tsumetaimizuburo:20180118232408j:image

もう暗くなってしまったけど、せっかく巣鴨に来たんだ。

とげぬき地蔵くらい拝んで帰ろう。 

下村瑠衣にもっと勝たせろ

f:id:tsumetaimizuburo:20180116222158j:image

1993年6月3日生まれ、那俄性哲也厩舎の所属。

高知競馬の女性騎手は別府真衣だけじゃないんだぜ。

去年通算100勝を達成した、下村瑠衣だっているんだぜ。

アニメ声した(初めてインタビューの声を聴いた時ビックリした!)女の子、20代半ばにして勝負事で100回勝ってるんだから立派なもんだ。

 

今日1月16日、高知競馬名物の一発逆転ファイナルレース、俺は下村騎乗のピンクインハートから買おうと思っていた。

とりあえず前に行ける馬にチャンスがあるのがこのレース。

こういう時、下村は期待を裏切ることなく前に行ってくれる。

高知競馬で、時に大逃げの騎乗を見せてくれるのは下村くらいのもんだ。

大概は3コーナーで後続に並ばれて、4コーナーでは逆噴射してしまうんだけど…

南関競馬が昼間開催になって、夜の売り上げ独り占めシーズンに入った高知競馬。

ビギナーが大量に流入してくるところで、下村からの馬券で高配当ゲット!を支えに残業を乗り切ったんだ、俺は。

 

そしたらピンクインハート、出走取消。

 

ピンクインハートは去年の1月15日以来、下村とコンビを組み続けて28戦という中央競馬に慣れた身からするとよく分からないことになっているのだが、高知競馬ではよくあることだ。

コンビ結成1周年記念ということもあって今日のピンクインハートに目をつけていたのだが、ゲートにも入れなかったのは残念だった。

帰りの電車の中で急いで予想を組み直したものの、嬉ウインステージが内から差してくる発想がなく、徒労に終わったのも残念だった。

メインレースの新荘川特別は馬単1-2で決まっていたから、ここの1枠1番ピンクインハートも予定通り出走できればいいとこあったのではとの負け惜しみもあるが、まあいい。

明日も高知競馬はある。

 

下村は門別競馬→福山競馬を経て、高知競馬にやってきた。

福山競馬には廃止直前の移籍で、なにか最後の助っ人として実質短期免許として移籍したのか… と思っていたのだが、本人は福山競馬の廃止とともに騎手を辞めるつもりだったという。

それが去年、高知競馬で通算100勝達成。

今年もすでに1勝目を挙げていて、それが元旦の一発逆転ファイナルレース10頭立て10番人気の馬だったのも現状の下村たる所以だが、とにかく気持ちよく先行してくれる騎手。

高知競馬には女性騎手の斤量1キロ減の特典もある。

 

前に行って粘れる馬をお持ちの地方競馬馬主各位。

どうか下村瑠衣にチャンスを、お願いします。

強く儚い氷河期世代

f:id:tsumetaimizuburo:20180115235433j:image

「ずっと同じところで働ければいいですけど。もっと金がいいとこがあったらヨソも考えますけど」

「結婚はしたいです。子どもも欲しい。早いほうがいいですかね?」

 

若者、昔俺たちが働き出す前に思っていたようなことを、隣の席で働きながらにして爽やかに語る。

彼は社会に出てきてから心を折られている様子はないし、ましてやここに来る前の段階で社会に殺されかけた経験もない。

おそらくは。

 

努力しようが才能があろうが、社会に出るタイミングの経済状況で人生と人格が決まってくるのが、少なくとも日本における資本主義。

俺はそう思っている。

そしてこれを否定しようとするヤツは、ことごとく話が長いから嫌いだ。

強く儚い氷河期世代

なに、君も氷河期世代

おお、じゃあ飲み行こうよ、駅前の安いとこ、ワタミは嫌だ、庄やあたりでどう?

今月小遣い苦しいんだ、割り勘でごめんね。

え、苦しくない月なんてないよ、余計なこと訊くと奢らせちゃうぞ。

 

おやすみなさい。

また明日、朝が来たら会おう。