読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

富川駅に列車は来ない

f:id:tsumetaimizuburo:20170426225436j:image

北海道、メジャーリーガー田中将大を輩出した駒大苫小牧高校がある苫小牧から、馬産地の日高を経由して様似までを結ぶ日高本線

2015年1月から、途中の鵡川から終点様似まで列車は運行されていない。

土砂流出による運行不能状態。

災害により運行出来なくなった公共交通機関が、復旧を諦めそのまま廃止になる。

今の日本ではよくある話だ。

f:id:tsumetaimizuburo:20170426230219j:image

富川駅はその不通区間にある駅。

沙流郡日高町

近くには沙流川が流れている。

f:id:tsumetaimizuburo:20170426230513j:image

ホームは一面一線の最小限。

しかしかつては日高本線のみならず、ここから沙流鉄道なるものが分岐していたのだというだから、物事は調べてみないと分からないものだ。

f:id:tsumetaimizuburo:20170426230759j:image

正式には廃止になっていない。

鵡川と様似の間には代行バスが走っている。

しかしJR北海道は大赤字の現状、そして周辺の自治体も金は出したくないと。

睨み合いのまま休止されている状況、間違いなくこのまま廃止になる。

f:id:tsumetaimizuburo:20170426231216j:image

近くには富川高校もある。

以前はこのホームも通学定期の高校生で賑わっていたのだろうか。

1学年1クラスくらいの、小さな高校のようだけれど。

f:id:tsumetaimizuburo:20170426231515j:image

これは翌日の朝。

霧の向こうに見える、沙流川を渡る橋は日高本線のもの。

f:id:tsumetaimizuburo:20170426231637j:image

橋の先が霧に吸い込まれているように見える。

向こうから、キハ40が走ってこないものだろうか。

走ってきて欲しい。

f:id:tsumetaimizuburo:20170426231912j:image

もう列車は来ないけど「とまれみよ」。

やっぱり、もう一度走ってくれないものだろうか。

走らせることはできないものだろうか。

できないから、今みたいなことになっているのは理解できるんだけど。

f:id:tsumetaimizuburo:20170426232116j:image

お願いですから。

f:id:tsumetaimizuburo:20170426232153j:image

もう一度。

f:id:tsumetaimizuburo:20170426232227j:image

そこを何とか。

f:id:tsumetaimizuburo:20170426232310j:image

日高本線下り、途中鵡川代行バスに乗り換えるわけだが、起点の苫小牧ではしっかりと様似行きとして表示されていた。

ありがとう。

列車さえ走れば、すぐにかつての姿に戻れるんだけど。 

門別競馬場で逢おう

f:id:tsumetaimizuburo:20170425215059j:image

人生初の門別競馬場

各所でされている「歩いて来場することが前提になっていない」という紹介が事実であることを、富川駅から歩いてきたことで実感する。

今日のお客さん何百人いたのかは知らんけど、もしかして歩いてきたのは俺ひとりじゃないか?

f:id:tsumetaimizuburo:20170425215435j:image

パドックは小綺麗でコンパクト。

なんだか保育園の園庭のような雰囲気。

可愛らしいチャイムが鳴ると、騎手が出てきて馬に跨る。

「はい、これからレースの時間ですよ」

「お馬さんと一緒に頑張りましょうね」

f:id:tsumetaimizuburo:20170425215936j:image

とにかくね、可愛らしい作りの競馬場なのよ。

全般的に女性のセンスで構成されている気がする。

実際に来るのはしんどい競馬場だけど、子どもを連れてきたら喜びそう。

人と馬の距離感も、高知競馬場に匹敵する近さ。

f:id:tsumetaimizuburo:20170425220353j:image

3レース、人気の岩橋ノアヴィクトリーが快勝すると、おそらくは馬主さんの「ありがとう!ありがとう!写真撮ろう!」という喜びの声が聞こえてきた。

観客の中でも時折「うちの馬が…」「○○さんの牧場の馬が…」なんて会話が交わされている。

あらためてここは馬産地の競馬場、お客さんも結構な割合で関係者くさい。

ただ関係者だからといって馬券的中してるわけでもなさそうだったけど。

f:id:tsumetaimizuburo:20170425221036j:image

雨が降ったり止んだり。

外で観戦してるお客さんは少ない。

f:id:tsumetaimizuburo:20170425221221j:image

俺もしばし、ポラリスドームで室内観戦。

f:id:tsumetaimizuburo:20170425222431j:image

あれ、今年は五十嵐冬樹はどうしちゃってるのさ?

f:id:tsumetaimizuburo:20170425221430j:image

だんだん暮れていく門別競馬場

俺は黄昏時の競馬場が好きなのだが、曇り空のせいで夕焼けとは無縁のまま暮れていってしまった。

f:id:tsumetaimizuburo:20170425221836j:image

ゼッケンに名前がないので分かりにくいが、前走は高知競馬で走っていたリワードデュラン。

他にもハッピーチャージやウインプロスパーなど、高知競馬にゆかりのある馬が何頭か。

f:id:tsumetaimizuburo:20170425222548j:image

馬券はいつもより調子が良くて、おかげさまで一進二退くらいの内容。

陽が落ちたら雨が強くなって、馬場も外を回ったら完全に駄目そうな雰囲気になってきたところで撤退を決意してタクシーを呼ぶ。

f:id:tsumetaimizuburo:20170425222819j:image

馬たちも、そんじゃまたね。

f:id:tsumetaimizuburo:20170425222859j:image

お迎えが来てくれたおかげで、ホテルに向かうことができました。

富川ハイヤーさん、ありがとうごさいました。

f:id:tsumetaimizuburo:20170425223245j:image

これは来る時に撮ったもの。

こんな風景が続くところ、雨に打たれながら帰る羽目になってたら今頃どうなっていたか。

繰り返しますが、富川ハイヤーさんありがとうごさいました。

北欧の夜

f:id:tsumetaimizuburo:20170425002427j:image

北欧といってもスウェーデンデンマーク、もちろんフィンランドの話でもない。

上野のサウナ「北欧」の話。

見出し詐欺、ごめんね。

f:id:tsumetaimizuburo:20170425002618j:image

とはいえここ、サウナ北欧の夜も素晴らしい。

サウナは108度を計測の熱々、水風呂は深く上野の空を眺めながら風を受ける外気浴でリラックス。

20時に着いてサウナ→水風呂→外気浴を2セット。

一息入れて、23時からはなんと5セット。

上野の風が気持ち良過ぎて、外気浴するために繰り返しサウナに入ったようなものだった。

だんだん星が見えてきて、雲が消えてきたのかそれとも上野の街の明かりが落ちてきたせいなのか。

聞こえてくるのは首都高からの車の走行音だけ。

 

明日、早起きして成田空港に向かうための北欧宿泊だったのだが、寝なくていいからまだまだサウナを楽しみたい。

外気浴しながら朝を迎えたい。

 

 

『成駿伝 孤独の◎は永遠に』(「成駿伝」製作委員会)

f:id:tsumetaimizuburo:20170422224535j:image

「ダービーは、皐月賞で一番いい脚を使った馬を買え」

 

『1馬』でバリバリ活躍していた頃を俺は知らない。

清水成駿といえば東スポの馬單三國志で、G1の季節の土曜夕刊の一面が指定席のイメージ。

東スポでの連載を開始したのは2002年のことだったという。

俺が社会人になった年。

清く正しく、晴れて社会人になったことで馬券を買える身になった(あの頃は二十歳を越えてても学生だと駄目だったのよ)ことを前提に語れば、やはり清水成駿は馬單三國志の人だった。

 

柏木集保井崎脩五郎、塩崎利雄、そして安藤勝己も…

アンカツも含めて「古き良き競馬」の構成者たちが清水成駿と競馬を語る。

あの清水成駿ボールドエンペラーのダービー、長谷川仁志はスペシャルウィークの相手にダイワスペリアーを選んでいたのだという。

1着 スペシャルウィーク(1番人気)

2着 ボールドエンペラー(14番人気)

3着 ダイワスペリアー(15番人気)

三連複、三連単のなかった時代。

この時のことを「清水成駿に負けた!」と今でも悔しさを交えて語る長谷川仁志。

この本は清水成駿を偲ぶというより、清水成駿と「古き良き競馬」を温かく振り返る内容。

これでいい。

f:id:tsumetaimizuburo:20170422230651j:image

清水成駿曰く「皐月賞のゴールを過ぎたところに、ダービーへの道があるんだぞ」。

皐月賞より2ハロン距離が延びるダービーに向け、脚を余して敗れた馬、ゴール後も伸び続けていた馬にはチェックが必要だという、まさに◎ボールドエンペラーを導き出した着想。

スワーヴリチャードが届かないことを察した瞬間、あーあと空を見上げてしまう皐月賞のまま終わってはいけなかったのだ。

皐月賞、もう一度見直してみないとあかんね。 

普通の子だった

f:id:tsumetaimizuburo:20170419223221j:image

4歳の長男、生後1.5ヶ月の次男

ふたりの面倒を一手に引き受ける、となれば次男に向けるウエイトが大きくなるのは必然。

 

泣けばオムツを替え、ミルクをあげて…などとやっていれば、長男のことは構ってあげられない。

「僕とも遊んでよ」

「外に行きたいよ」

「お腹が減った」

「さっきから赤ちゃんばっかり」

「もうパパがいてもつまんないよ!」

 

よかった。

長男は普通の子だった。

普通、という言葉にここでは引っかからない。

普通とはなんぞや、なんて展開も今日はしない。

とにかくまあよかったの意。

以前からもの分かりが良過ぎで不安に思っていたんだ。

保育園は楽しい、弟が生まれてくるのは楽しみ、僕も弟の面倒見るよ、家族みんなで仲良くしようよ…

清く、正しく、素直で、そんなところに却って不安を覚えていた。

今日はしっかりと自己主張、ワガママというか本音をぶつけてくれた。

 

パパは安心したよ。

これからもほどほどにワガママを言ってくれ。

 

それじゃあ、おやすみなさい。