西武22-0近鉄

f:id:tsumetaimizuburo:20190816002703j:image

近鉄 000000000   0

西武 33107035× 22

 

あれはまだ平成になって4年目の、確か2学期の初日だった。

当時の俺はまだ義務教育を受けている最中だったから、記憶のインデックスがこの形になる。

先発の野茂英雄が崩れた時点で、近鉄にとってはもう捨て試合。 

プロ入り初登板の品田操士という右投手が5回途中から投げて自責点14。

入社初日に炎上案件をこしらえてしまったようなもので、思い出してしまうと今でもこの試合が彼の心に人生を暗くする影を落としていないか心配になる。

ブルペンでは品田を見放したかのようにもう誰も投げておらず、彼に課せられたノルマは8回裏終了までの試合進行だったのだから、時間はかかったがしっかり任務は果たしたとも言える。

途中投手コーチがニコニコしながらマウンドにやってきて、人は本当に怒ると笑うのかと思ったがそうではなくて、「今日は堪えて最後まで投げてくれ」「またチャンスはやるから」といった感じの励ましだったらしい。

その証明として後日品田はもう1試合登板していて、そこでも点を取られていて、防御率30.86でシーズンを終えている。

西武は郭泰源が22点差がついてもマイペースで最後まで投げ切って完封、仰木監督が報道陣に残したコメントは「しぇからしか!」の一言だった。

f:id:tsumetaimizuburo:20190816004828j:image

今日のサウナは武蔵境の境南浴場へ。

どうしてか働き詰めの8月、手っ取り早く癒してくれるここのサウナと水風呂にはどこまでも感謝。

西武11-4オリックス(メットライフドーム)

f:id:tsumetaimizuburo:20190813232019j:image

4回表はもちろんオリックスの攻撃、2アウト満塁でバッターは9番若月。

「よりによって……」の声がオリックス応援団からも漏れる。

若月というのは2割にも届かない低打率のバッターで、実際に見ると確かに構えが頼りなく、スイングにも力感がない。

現地観戦をすることで、さらに攻撃力の低さを再確認できるタイプの選手だ。

それがいきなり死球を当てられて、押し出しで1点。

応援団からは「やった!」の歓声が上がる。

味方の選手が痛い思いをしているわけで、手放しで喜んでしまうのは冷たい話だが、俺も「やった!」と思ったほうなのでなんとも言えない。

しかしグラウンド上では両チームの選手コーチ監督がベンチから飛び出して、乱闘劇が繰り広げられている。

ここのところ、オリックスは西武からぶつけられ過ぎなのだ。

オリックスの佐竹コーチが退場になって、警告試合が宣告されて、その後死球をぶつけたオリックス田嶋と西武の平良も退場になった。

試合は大差でオリックスが敗れ、ロメロの2発は空砲だった。

f:id:tsumetaimizuburo:20190813233020j:image

中村に山川と極端な選手を見なくとも、西武の選手はがっしりした体をしているし、オリックスの選手は細い。

鍛え方以前に、食べるものから違うのではないかと思ってしまう。

これは勝てないよ。

野球でも乱闘でも勝てる余地がない。

f:id:tsumetaimizuburo:20190813234307j:image

残り試合は40を切ったが、5位ロッテとの間にすら3ゲーム差がある。

おそらくオリックスは最下位で終わって、俺はうんざりして、また来シーズンもオリックスを応援して、うんざりするのだろう。

うんざりのループ、だって仕方がないのだ。

弱くて、不甲斐なくて、たまに勝つ。

これほどまでに自己が投影しやすいチームは他にないのだから。

俺は僅かな勝利の目を追いながら明日も出勤する。

負け組なので、お盆休みは死んでから取るしかないらしい。

今日から1連休

f:id:tsumetaimizuburo:20190810230839j:image

お盆休み、世間は9連休とか10連休とか。

帰省ラッシュだなんだと言いながら、みんな実に巧みに交通手段を確保して行きたいところ、行くべきところに向かうものだと思う。

俺のお盆休みは今日限りの1連休だから、これはもう桁違い。

特に守るべき墓もない立場なわけで、こうなるのは運命なのだろう。

世の中はそれなりにうまくできている。

f:id:tsumetaimizuburo:20190810231332j:image

俺の両親は墓はいらないと言っているのだが、俺は墓を造らずして弔う方法を知らない。

イメージすら湧かない。

面倒な思いをするくらいなら自分が先に……とも思う。

もうそれでいいよ。

何より全てに、面倒くさいは優先する。

f:id:tsumetaimizuburo:20190810231658j:image

年末の、クリスマスが過ぎてからの、東京からだんだん人が減っていく様子が好きなのだが、お盆休みはそこまででもない。

今日の新宿御苑に人気がないのは暑いから。

時折日陰に座り込んでいる外国人がいるくらいで、日本人は皆溶けてしまったらしい。

静か。

f:id:tsumetaimizuburo:20190810232721j:image

8月に入ってから馬券を買っていないし、プロ野球もほとんど気にしなくなっている。

休みの日になると急にどっと疲れが出て動く気がなくなって、今日の午前中もそれだった。

午後にはなんとか夏休みの思い出をひとつくらいは作りたくて外に出たわけだが、思考力と判断力がどうかしてしまっているから、一番日差しが強い時間に新宿御苑を歩くようなことになっている。

だいたい来月40歳になる男が夏休みの思い出ってなんだよ。

不惑とは惑わないことではなく、惑える余地がなくなることである。

不惑とは当人の意識の問題ではなく、社会的事象。

他責過ぎる?

許してくれよ、だって俺の老衰はもうスタートを切っている。

f:id:tsumetaimizuburo:20190810234023j:image

連休を、人生を、楽しむ人たちを見て羨ましいとは思うが、こちら側に落ちてこいとは決して思わない。

楽しむ人たちは目一杯楽しんで、幸せな思い出を作ってほしい。

そう思えるところだけが自分の美点で美徳だと思っている。

どこか神経が1本切れているだけかもしれないが。

f:id:tsumetaimizuburo:20190810234651j:image

左に行くと歌舞伎町AKスパ、右は水道橋のアスカ。

馬券は買っていなくても、サウナ室で競馬は観たいものだから右に進む。

f:id:tsumetaimizuburo:20190810234947j:image

東京ドームの巨人戦が始まったばかりの時間で、水道橋駅前は閑散としていた。

俺はアスカのポイントカードを作るたびに失くしてしまっていて、今日作ってもらったのがおそらく5回目ではなかったか。

サウナ室のテレビは競馬ではなく、序盤からよく打って大量リードの巨人戦が流れていた。

好きな寿司ネタはイクラです

f:id:tsumetaimizuburo:20190808074257j:image

昔からの友だちを大事にしなさい。

 

昔からの友だちを大事にできなかったら、一人で生きる覚悟をしなさい。

 

迷う余地があるのなら、京王線沿いよりも中央線沿いに住みなさい。

 

どれだけ勝算が低くても、行きたい学校を受験しなさい。

 

素直に、影よりも光に目を向けなさい。

 

好きな寿司ネタを訊かれたら、イクラですと答えなさい。

 

夏の大会の前には「連投はできない」と監督に伝えておきなさい。

 

世の中には、どうしようもなく残酷な人間がいることを頭の中では理解しておきなさい。

 

インターネットはそのうち遺跡になるとでも思っておきなさい。

 

怒られるくらいで済むのなら大したことない、と思ってはいけません。

 

女の子の好みはすぐに変わることを知りなさい。

 

物を盗るくらいなら心を盗りなさい。

 

高尾から西に向かう時は、天気予報をチェックしておきなさい。

 

わざわざ自分の意思で負けにいく必要はありません。

 

悲しい出来事を、我が身に置き換えて想像するのはほどほどにしておきなさい。

 

掃除ができなくなったら、病院に行きなさい。

 

タイムカプセルを埋める時は、そんなに都合よく掘り返すことはできないと半分は諦めておきなさい。

 

楽器の一つくらいは弾けるようになりなさい。

 

爺ちゃんと婆ちゃんの家にある箱を開けてはいけません。

 

飲食店で働くことがあったら、ついでに調理師免許を取っておきなさい。

 

どうしても競馬がしたいなら、追い込み馬を愛しなさい。

 

冬場こそ水分補給の大切さを意識しなさい。

 

故郷の景色が浮かばなかったら、両親の人生を呪いなさい。

 

たまには雨の日を喜びなさい。

 

食べ物の好き嫌いはだんだん減っていくから大丈夫。

 

人間の好き嫌いはだんだん増えていくから覚悟して。

 

父のような人間になってはいけません。

 

自分に優しく。

俺に関しては福祉の考え方は適用しなくていい

f:id:tsumetaimizuburo:20190805232139j:image 

何かを考えていながら、何かを考えていたはずなのに、「あれ?今、俺、何を考えてたんだっけ?」となることがポツポツと出てきた。

実感として、短期記憶が弱っている状態だ。

どうしてこうなったのかは分からないようで、分かっている。

これ、面倒なことの第1章を記した日記になる可能性もある。

「俺に関しては福祉の考え方は適用しなくていい」と、かなり昔から妻には伝えている。

社会はそれを許さないかもしれないが、俺は妻に対してだけは許す。

妻は賢い女なので、きっとこの俺の言葉は覚えているだろうし、そうなったら然るべき手段はとるだろうし、やらずに済むことはやらないだろう。

ただ俺をダンボールに入れて捨てるのなら、もう少し季節が緩くなるまで待ってほしい。

この希望を受け入れるかどうかも、やはり妻は賢い女だから、適切なジャッジをしてくれるだろう。

とにかく今日は暑過ぎる。

f:id:tsumetaimizuburo:20190805233338j:image

今日のサウナは上野の北欧。

前に来たのはいつだったか覚えていない。

ただ今日の北欧は水風呂がキンキン15℃で「さすがサウナ専用施設だなあ」と思ったことは覚えてる。

カレー食ったことも、サワーが半額でラッキーと思ったことも覚えている。

ドラマ『サ道』の影響でお客が増えているという話もあるが、相変わらず素っ気ない感じの受付といい、店としては変わらずにやることをやっているという印象だ。

自分の家がどこにあるのか思い出せるうちに帰る。