いわつき温泉ジャンボ(埼玉県さいたま市)

f:id:tsumetaimizuburo:20200713214553j:image

東武アーバンパークライン(ああ野暮ったい!野田線と言わせろ!)の岩槻駅から歩いて10分はかからないかな、という距離。

ここは埼玉県さいたま市岩槻区で、平成17年までは岩槻市だった。
f:id:tsumetaimizuburo:20200713214602j:image

受付では「ここは何にもないけどいいかい?」と訊かれた。

これは案外に深い問いであって、何もない銭湯というものがあるのだろうか。

とりあえずシャンプーリンスボディソープ、浴室にその類は何にも置いていなかった。

入浴料430円、サウナ料金は別途200円。

f:id:tsumetaimizuburo:20200713214606j:image

サウナ室にテレビはなく、しかし有線のJ-POPが流れていた。

MISIAGLAYELT、そして中島みゆきまでもが流れていた。

しかもスピーカーのせいなのかサウナ室の構造のおかげなのか、音の響きがやたらといい。

ヘッドライト・テールライト』を聴きながら、このサウナ室は採石場のようだなと思った。

灰色でレンガ調の壁。

サウナストーブが見えない格納式だが、ベンチ席の背もたれの奥にはわかりやすい熱気の吐出口がある。

俺はこの店の看板の雰囲気に惹かれて来たのであって、こんなところで湿度が高い好みのサウナと出会えるとは思っていなかった。

首を傾げた室温計は92℃を示していた。
f:id:tsumetaimizuburo:20200713214539j:image

サウナの利用客は俺、そして腕に墨が入った白髪の御大がひとり。

しかし表情は柔和だ。

俺が中島みゆきを聴き終わってから水風呂に入ろうとすると、先に水風呂に入っていた御大が立ち上がって「ほい」と水風呂を指す。

ぶっきらぼうだが優しい「ほい」だ。

ここの水風呂はおっさん2人で入るとむさ苦しくなるサイズ、後から来た人間と順次交代していくことで秩序が保たれる。

水風呂は細い流れだが掛け流し、これが軟水で肌がツルツルするのが売りらしい。

確かにツルツルはするのだが、俺はここに来る前に温泉にも寄っていたので、果たしてこれがいわつき温泉ジャンボの効力なのかは定かでない。
f:id:tsumetaimizuburo:20200713214544j:image

浴室を出ると「今日の感染者は119人だってさ」という会話がされていた。

ここは埼玉県でも、やはり注目されているのは東京都の数値らしい。

つくづく、面倒な世の中になってしまった。
f:id:tsumetaimizuburo:20200713214558j:image

入浴は七病を除去し、七福を得る

垢をさり、みめをよくし、歯を強くなし

目をあきらかになし、口中にうるほいあり

気をはらし、かぜを除く

(いわつき温泉ジャンボ 掲示より原文まま)
f:id:tsumetaimizuburo:20200713214549j:image

以上、人形の街・岩槻の銭湯サウナでした。

俺はよその街の小さな銭湯には、いつだってこれが最後になると思って入るのだけれど、ここにはまた来るような気がしている。

あの御大とまた、譲り合いながら水風呂に入りたい。

冷蔵庫と記念写真

f:id:tsumetaimizuburo:20200712225145j:image

例の特別定額給付金で買った、シャープの喋る冷蔵庫が今日我が家にやってきた。

午後イチで、2人のお兄さんが滑るように運び込んできて、あっという間に設置してくれて、その間は10分もなかった。

せっかくなので新しい冷蔵庫を前にして、家族で写真を撮った。

この冷蔵庫には小学2年の長男が成人するあたりまでは頑張ってもらいたいと思う。

お別れの日にはまたみんな一緒に、同じ角度で写真を撮ろう。

さっき小腹が空いたのでこっそりと扉を開きにいったら、案外高い声で「こんな遅くまでお疲れさまでした」と声を掛けてきた。

この新しい家族はなかなか油断できない男だ。

俺が過ごした今日は、横になっている時間が圧倒的に多かったのに。

そしてまた家族に男が増えてしまった。

f:id:tsumetaimizuburo:20200712230956j:image

今日はサウナに行かなかったので、昨日のJNファミリーの話。

土曜の夜の割に空いていたのは、世の中にまた自粛の雰囲気が出てきた証明なのだろうか。

俺は相変わらずサウナと水風呂とプールの間をグルグルと回っていた。

プールでは子ども2人と楽しんでいるパパがいて、俺も子どもたちを連れてきたくなった。

パパは東京住まいの神奈川労働者なので県境越えにもさして抵抗がないのだが(越えなきゃ生活できなくなるし)、しかし子どもたちに跨がせるのは抵抗がある。

そういえば最近は総理大臣が表に出なくなったな、と思った。

サウナに入りながらサウナに入りたいと思う

f:id:tsumetaimizuburo:20200708233744j:image

フードコートで年寄りたちがコーヒー1杯で粘る人権、彼らが子連れ客をボロクソに罵る言論の自由

 

人生が焼酎を差し出してきたからそのまま飲んだ。

 

「お客様の中に、認知のゆがみがない方はいらっしゃいますか?」

 

我らの未来は密から滅へ。

 

自分の責任に無頓着な奴ほど他人の責任に敏感。

 

「下手な奴はとりあえずライトに置いとけ」ジョーンズにライトを守らせるのは草野球の発想。

 

どうやっても女性には勝てないなと思うし、それでいいと思う。

 

旅をしながら旅をしたいと思うし、サウナに入りながらサウナに入りたいと思うし、仕事をしながら仕事をしたいとは思わない。

 

自分の思想に取り込みたい奴が「政治に興味を持て」と言う。

 

マスクで顔を隠して外出しやすくなった指名手配犯。

 

特攻隊として送り出したのに、還ってきてしまったら扱いに困る。

 

きちんと嘘がつけるのは評価されるべき能力。

 

「熱いサウナ」の対義語として「ぬるいサウナ」が置かれてしまったのは言語の不幸。

 

付き合った女はその土地の思い出になる。

 

相手が異常だと訴え、自分を正当化していくやり方は、反論の材料がない時。

 

子どもは3歳が一番かわいい説。

 

「私は差別と黒人が嫌いです」と言われたらどうする?

 

自分のことさえコントロールできない、自分のことすらあるべき姿に育てられなかった。

 

謝れないならせめて貫け、一生をかけて間違いを貫け。

 

文化は忘れられてからが本番。

 

「降りられるもんかできるもんならやってみろ」とニヤニヤしながら言い放った連中の名前は覚えているし、書き残すし、しかしそれに意味があるのかどうかはわからない。

 

新宿が目指しているのは中途半端な銀座。

 

かつて忌み嫌っていた、理由がなければ物事に手を付けない大人になってしまった。

 

犯罪者ってのは社会のルールを破った人のことであって悪人ではない。

 

コロナは刹那。

 

「とか」を単独で使う時は馬鹿にしている時。

 

理解や共感を手に入れても、いちいち同情されながら生きるのは面倒じゃないか?

 

40歳を過ぎたらいつ死んでもいいやくらいの気持ちで人々は生きているのだと思っていたし、実際に自分もそうなったのだけれど、周りの40歳は案外そうでもない。

 

入団前から今までずっと阿部慎之助が大嫌い。

 

貧乏で育つとセコくなる、本質が見えない大人になってしまう。

 

やたらと免罪符を用意したがる奴には気をつけろ、お前が惨めに殺されても「仕方がない」の一語で流される。

 

「正しいことを言っているかどうかよりも、とにかく発言力が強い人に惹かれる人々が一定数いるんでしょうね……」

 

潰れた店は戻ってこないし、そこで失われる文化はあるが、それを「懐かしいね」というだけの世界。

 

自分が美しくないから美しいものが好き。

 

最後まで居残るのは淋しい奴ばかり。

 

人間に欲がある限り社会は蘇る。

千年温泉(神奈川県川崎市)

f:id:tsumetaimizuburo:20200707212652j:image

南武線武蔵新城駅から南口方面を望む。

写真の真ん中あたり、白地に赤で「サウ」の文字が見える?

あれはもちろんサウナ屋さんの看板、しかし今日の目的地ではない。
f:id:tsumetaimizuburo:20200707212656j:image

あの看板は駅から徒歩3分、3年前に閉店したサウナつかさ新城のもの。

サウナ施設を「味のある」と評す場合には老朽化との戦いが含まれているものだけれど、この店は生き残っていたら今頃ソーシャルディスタンス系サウナとして重宝されていたかもしれない。

広さと貫禄のあるサウナ屋だった。

今はノンジャンルな雰囲気のテナントが入っているようだが、「サウナ いらっしゃいませ 駐車場 →」の文字が入ったスタンド看板がガレージの奥に残されているのが見えた。

f:id:tsumetaimizuburo:20200707213609j:image

このあたりはなんでも細長い。

細長い景色が南武線沿線の特徴だ。

ここも例によって細長い新城公園の脇を進む。

今日の目的地は千年温泉、武蔵新城駅から徒歩10分との案内。

f:id:tsumetaimizuburo:20200707213728j:image

ほとんど事前情報なくきたものだから、着いてみると名前の割に垢抜けた銭湯だと思った。

聞けば2017年、先のサウナつかさ新城が閉店した頃に改装工事に入り、現在の姿に変貌を遂げたのだという。

14時開店、金曜定休、サウナ料金込みで700円。

シャンプーリンス、ボディソープは据え置きなし。

f:id:tsumetaimizuburo:20200707214613j:image

(この写真は千年温泉HPから引用)

造りのコンセプトは大正ロマンだという。

露天風呂は櫓のような屋根に覆われているが、洋風のランプが吊るされている。

和風の中庭があるが、窓ガラスはステンドグラスになっている。

なるほど和洋折衷、大正ロマンに間違いない。

全体的には明るい浴室だ。

f:id:tsumetaimizuburo:20200707214954j:image

(この写真も千年温泉HPから引用)

「ようこそ コンフォートサウナへ!」の説明板に、つい同じ南武線沿線でこの春に閉店した稲城浴場の面影を重ねてしまう。

室温計は70℃台で、これはまだ開店直後なのでこれから上昇していくものだろうと思っていた。

3セットをこなし、合間に露天の黒湯温泉にも入り、1時間ほど経った時点でギリギリ80℃。

コンフォートサウナとは湿度寄りなので室温計は上がりにくいが、感想としては熱さにもうワンパンチあってもいいかなと。

サウナ室内のテレビで、九州の大雨のニュースを眺めていると「こっちも降るのかねえ」と細身の爺様から声を掛けられる。

筑後川がやられる雨雲がそのままここまでやってきたら、このあたりではどの川も我慢はできないだろう。

f:id:tsumetaimizuburo:20200707220003j:image

水風呂は17℃、季節連動がほとんどの銭湯サウナとしてはかなり頑張っている。

濃紺に近い深い青のタイルなので、見た目からして清涼感にあふれた水風呂だ。

40歳男子にとっては一時のこととはいえ肌がツルツルになったが、これは高純度軟水の水風呂のおかげなのか、黒湯温泉の効果なのか。

まあ、ツルツルしてればどっちでもいいか。

ここは480円で生ビールが飲める銭湯なのだから。

f:id:tsumetaimizuburo:20200707220604j:image

以上、千年温泉で汗を流した今年の七夕でした。

ちなみに千年温泉は「ちとせおんせん」と読むのだよ。

 

【千年温泉】

https://chitose-onsen.com

失われたサウスポーと豊田泰光が喜ぶプロ野球

f:id:tsumetaimizuburo:20200706223837j:image

今年は長男と神宮球場へナイターを観に行こうと約束していたが、果たせそうにない。

ぼちぼちと観客を入れ出すらしいが、それもまずは5000人でどうこうという話で、親子で並んで観戦が叶うのは相当先だ。

去年の冬から長男は野球に興味を持ち出していた。

寒い中、壁当てができる公園まで行って、小学1年生なりに投げ込んでいた。

それが春になってもテレビには野球が映らず、父と約束した観戦も実現せず、今は軟式ボールも家のどこかにしまわれてしまっている。

日本プロ野球界は未来あるサウスポーを失ってしまったといっていい。

その後一時はコロナに勝つ薬を開発する研究者になりたいといい、再開された学校の作文にはやはりと言うべきか「YouTuberになりたい」と書いていた。

昔の子どもとは違う意味で、今の子どもは画一的だと思う。

今のやたらと捕球音と打球音が響く無観客試合を観て、豊田泰光が存命であったなら「ドンプカ応援がないプロ野球は素晴らしい。ずっとこのままでいい。客なんかいらない」と言っただろう。

あの人、いろいろ持ち上げられてもいたけれど、広岡達郎程度には老害だったよな。

f:id:tsumetaimizuburo:20200706225208j:image

今日のサウナは水道橋のアスカ。

もともと来たけりゃ来いの雰囲気の店だったので意外というか、しかし今はこれをしないと営業できないのだろうけれど、リクライナーの間がビニールシートで仕切られているなど、コロナ対策はされていた。

サウナ室のドアの建て付けが悪く若干隙間が空いていたのは、これも換気を意識したコロナ対策だったか?

それでも120℃に迫る熱さは健在だったので、何も問題はなかった。