福永のイン突き並みに詰まる

f:id:tsumetaimizuburo:20180923072403j:image

6時20分、起床。

仕事はないのに、体はだるいのに、もっと寝ていたって誰も起こしになんか来やしないのに起きる。

年寄りは早く起きるなんていうが、元気に9時間睡眠で肌つやのいい65歳を知っている。

眠るのにも体力がいる。

ジムのインストラクターが語る「最近、筋力ついてきましたね」って何だろう。

こんなのでも健康診断はAランクの評価ばかりなので、怠惰に生きてると自分を知るきっかけがどこにもない。

メンタルヘルスチェックはCランクだったが、ここでは自分を知りたくない。

 

9時45分、家を出る。

保育園でコンサートをするのだという。

演奏するのはもちろん園児、ではなくてプロ。

息子とは離れた席に座ることになったので、父親ひとりで「ハイホー、ハイホー」と叫んでいた40分間。

どこの家も子どもと母親は元気、父親たちは口の端が上がらない。

 

11時帰宅、昼食。

13時、再び外出。

府中から国分寺まで、病院に。

先月の帯状疱疹の後遺症対策、簡単な問診と投薬だけ。

「一般的に言えば、もうあなたは60歳過ぎまで帯状疱疹にかかることはないでしょう」と言うが、俺は水疱瘡に2度かかった男なので一般的に含まれるのかどうかわからない。

確率は低くとも、悪いところだけは的中しがちだ。

結局は何でも「なるか、ならないか」「できるか、できないか」程度の二択、確率50%くらいに思っておけばいいのでは。

 

14時30分、薬局を出る。

武蔵境まで歩こうと思ったが、武蔵小金井で挫折した。

歩き出した瞬間から日が差して暑くなった。

狭い歩道もおそらく学芸大カップルによってすぐ前が詰まる。

福永のイン突き並みに詰まる。

神戸新聞杯ワグネリアンは藤岡弟になったが買いたくない。

あの馬は難しい。

 

15時30分、帰宅。

妻から汗臭いと言われ着替え。

息子とおやつ。

さっさと夕食のシチューを作るが、カレーだと「また?」と言われるのでルーを変えただけ。

 

20時、外出。

ジムサウナ、そして軽く自転車を漕ぐ。

 

21時30分、帰宅。

息子が明日は横浜線のスタンプラリーに行こうという。

ならば神戸新聞杯オールカマーの予想は今晩中に済ませておかなければ。

【捲り一撃】珊瑚冠賞予想【2018】

f:id:tsumetaimizuburo:20180917003229j:image

明日の中山競馬場セントライト記念、レイエンダからの相手を間違えてしまってもまだ暗い顔にはならないで。

高知競馬場の1810発走、珊瑚冠賞でぜひともリベンジして欲しい。

 

高知競馬の名手であり地方競馬の名手、競争の舞台に立てれば中央の騎手にだって負けない。

ルメールにもデムーロにもモレイラにも負けない。

現代風の笑顔が優しいいごっそう、赤岡修次が騎乗する◎イッツガナハプンから。

1900mの距離に不安なし。

前走川崎の重賞でも健闘していたこの馬が3コーナーから一捲り、直線悠々と先頭に立って押し切るはず。

 

そう言いながら逆転の目まで考慮するならば、徹底して追い込みに賭ける勝負ができる分◯ワイルドコットンを相手筆頭に指名したい。

▲キープインタッチは高知移籍後5戦4勝、南関時代にも2600mの金盃を使われていたような馬だから距離延長はプラス。

△チャオは相手なりに走るタイプなので三連単の3列目には入れたい。

サトノキングリーにメイショウパーシーあたりも距離の不安はないが、9頭立てでここまで印を回していたらキリがないか。

 

ところで、フリビオンはどうしてる?

ここは新小岩

f:id:tsumetaimizuburo:20180915140758j:image

ここは新小岩駅

天国に一番近い駅。

f:id:tsumetaimizuburo:20180915140913j:image

「猛スピードで通過する成田エクスプレスに引き寄せられる」とかいう話で、屈指の自殺者が多い駅だった。

今はどうなんだろう?

f:id:tsumetaimizuburo:20180915141119j:image

人は亡くなったら、皆それぞれの天国に向かうものだと信じたい。

もちろんそれは自分にとって、これからの当事者としての希望。

f:id:tsumetaimizuburo:20180915141309j:image

人生はゲーム、と割り切って生きられますか?

ゲームにしてはバランスが悪い、難易度が高過ぎる。

たけしの挑戦状』並みに理解不能で、そもそも『バンゲリングベイ』並みに目的もわからない。

f:id:tsumetaimizuburo:20180915141532j:image

誰が誰でもいいんですが、楽しく生きたいとは思ってますよ。

サワー飲んだら楽しくなりますか?

f:id:tsumetaimizuburo:20180915141720j:image

とりあえず生きていれば、というのもしんどい話。

他の人には生きろ、と言いますけど。

f:id:tsumetaimizuburo:20180915141831j:image

生きていれば押し潰されることがある。

f:id:tsumetaimizuburo:20180915141905j:image

生きていれば崩れ落ちることもある。

f:id:tsumetaimizuburo:20180915141943j:image

川を失った橋。

f:id:tsumetaimizuburo:20180915142031j:image

ツキのある人についていく、というのもひとつの考え方。

俺が、あなたが、ついていくのを決めた時点で相手はツキを失っているという解釈も。

パワーは大概、正より負がでかい。

正の天井は見えていて、負は毒の沼地で底なし沼。

f:id:tsumetaimizuburo:20180915142349j:image

新小岩にも学問の府があった。

ごめんなさい、知りませんでした。

f:id:tsumetaimizuburo:20180915142442j:image

初めて果てまで歩いた駅前のアーケードはルミエール商店街。

f:id:tsumetaimizuburo:20180915142639j:image

今も昔もグローバル社会ですよ。

災害が起こるとインバウンドはくたばります。

f:id:tsumetaimizuburo:20180915142757j:image

どうせ生きるなら猫のように生きたい。

こちらの内心を見透かしたのか、鋭い眼で睨んでくる。

f:id:tsumetaimizuburo:20180915142916j:image

それでもやっぱり、猫のように生きたい。

右側の生き物は何ですか?

f:id:tsumetaimizuburo:20180915143005j:image

とりあえず江戸川区に住んだら、毎日が楽しいんですか?

天国は江戸川区なんですか?

江戸川区天国無番地。

どうやって行けばいいのか、駅前の交番で聞いてみるよ。

f:id:tsumetaimizuburo:20180915143431j:image

さて、俺はまだ生きているので。

f:id:tsumetaimizuburo:20180915143455j:image

生者の天国に寄って帰る。

レインボーステークスの馬券はもう仕込んだ。

 

さよならK-Shop

f:id:tsumetaimizuburo:20180910223959j:image

改札前の本屋と売店

昨日の光景。

f:id:tsumetaimizuburo:20180910224038j:image

京王だから、K-Shop。

今日になったら、もう二度と開かない売店になっていた。

 

働いてたおばちゃん……いや、元お姉さんはどこに行ってしまったのだろうか。

 短い期間のお付き合いだったが、途中で明らかに商品や釣り銭の渡し方が変わったり、ある朝から「ありがとうございます」ではなく「いってらっしゃいませ」と言われるようになったり。

あれは働きながらおばちゃん……いや、元お姉さんが生み出した最適化だったのだろうか。それとも本部からやってきた、タバコくさくて脂っぽくてどんなに暑い日でも長袖シャツでしかし腕は雑に捲っている男からの、面倒くさい指導でもあったのだろうか。

 

特段この店が消えてしまうことにより不便になってしまうということもない。

そこが閉店の要因であることには間違いないのだが、しかし俺はこんな寝る前に布団の中でiPadを打ちながら資本主義の話なんかしたくない。

ただ寂しいだけだ。

資本主義も、気づきも学びもカイゼンも大嫌いだ。

そんなものは全部クリーンセンター多摩川で燃やし尽くしてしまえ。

ガランとした駅を、空っぽの心で労働のために通過しなくてもよい日がこないものだろうかと、都合のいい想像をしているだけなんだけど、結局。

ケーキ8個分の労働

f:id:tsumetaimizuburo:20180909232223j:image

昼は子どもたちが主役の相撲大会、夜はカラオケ大会で爺さん婆さんの晴れ舞台。

絵に描いたような、小さな神社の年に一度のお祭りの日、息子は「年長の部」で相撲大会に参加した。

 

結果は3位。

30人は参加者がいたから立派だ。

全盛期の大乃国ばりに受けて立つ勝ち味に遅い相撲、しかしだからこその安定感があった。

一度足を滑らせたら終わりのトーナメント戦、息子なりの思惑があっての大乃国だったのだと信じたい。

「にくのおおいおおのくに」。

 

賞品はメダルとお菓子とケーキ。

大きな空箱を渡されて「帰りにケーキ屋さんで中身をもらってください」という気の利いた展開。

そのケーキ屋で「おめでとうございます」の言葉とともに受け取ったのはチョコのホールケーキ。

パパが1時間働いて生み出す価格のケーキを、息子は子ども相撲5番で勝ち取った。

 

パパは明日からまた、1日あたりケーキ8個分の労働をする5日間が始まる。

ケーキ10個分働いても、どうせ払われる賃金は8個分だ。

こうなったら差額はケーキでいいから支給しろ。

希望はショートケーキとチーズケーキで。

月曜日は嫌い。

その次に日曜の夜が嫌い。