読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

普通の子だった

f:id:tsumetaimizuburo:20170419223221j:image

4歳の長男、生後1.5ヶ月の次男

ふたりの面倒を一手に引き受ける、となれば次男に向けるウエイトが大きくなるのは必然。

 

泣けばオムツを替え、ミルクをあげて…などとやっていれば、長男のことは構ってあげられない。

「僕とも遊んでよ」

「外に行きたいよ」

「お腹が減った」

「さっきから赤ちゃんばっかり」

「もうパパがいてもつまんないよ!」

 

よかった。

長男は普通の子だった。

普通、という言葉にここでは引っかからない。

普通とはなんぞや、なんて展開も今日はしない。

とにかくまあよかったの意。

以前からもの分かりが良過ぎで不安に思っていたんだ。

保育園は楽しい、弟が生まれてくるのは楽しみ、僕も弟の面倒見るよ、家族みんなで仲良くしようよ…

清く、正しく、素直で、そんなところに却って不安を覚えていた。

今日はしっかりと自己主張、ワガママというか本音をぶつけてくれた。

 

パパは安心したよ。

これからもほどほどにワガママを言ってくれ。

 

それじゃあ、おやすみなさい。