読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バッティングセンターは生きている

日常

f:id:tsumetaimizuburo:20170320203031j:image

イチロー土井正三監督から解放されてスターになったのはオリックスブルーウェーブでの3年目、20歳の頃だった。

父親の「チチロー」と春日井のバッティングセンターで練習に励んだ少年時代のこともよく語られていた。

210本の安打を記録したシーズン後、実態があるのかないのか分からないバッティングセンターの業界団体から表彰を受けていたのを覚えている。

その頃すでに、バッティングセンターは斜陽ではあった。

 

しかしそのイチローが43歳になっても、かつてのように常時出場する選手ではなくなってしまっても、日本にはバッティングセンターが健在だ。

ちょっとした市なら1ヶ所、大きな市なら2ヶ所程度は存在してる印象。

たったそれくらいではあるが、それに新築でピカピカのバッティングセンターが開業したなんて話も全く聞かないが、生き残ってはいる。

 

妻の実家がある信州の中堅市にもしっかりバッティングセンターはある。

そこで4歳の息子がバッティングセンターデビューを果たして、超遅球のソフトボールではあるが何球かバットに当たったりして「手が痺れた」と言って喜んだりしていた。

アニメチャンネルで『メジャー』なんか見ていたせいか、何となく構えの形は知っているようだった。

その後は高校野球中継を眺めたりしていて、親から子へ野球好きも受け継がれだのだろうか。

満足にキャッチボールができる公園もないような時代、それでも野球に興味を持とうと思えば、入り口はアニメかバッティングセンターなのかもしれない。

 

イチローがブレイクした時、オリックス仰木監督だった。

俺は仰木監督近鉄時代、球場に向かう近鉄電車の中で(仰木監督は車の運転をしなかったらしい)、少年ファンに「監督、野茂はいつ投げるんですか?」と訊かれて、手帳を開いて「今度野茂が投げるのはねえ…」と答えてあげたというエピソードが好き。

多分、野球に関わるエピソードの中で一番好き。