読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土佐春花賞(高知)予想

f:id:tsumetaimizuburo:20170320144615j:image

◎メイソ

3歳の若駒10頭の重賞。道悪競馬が日常の高知競馬だが、今日は良馬場。良馬場の1600で勝ち星のあるメイソならこの条件でも不足なし。別府真衣という騎手は競馬に関わるといつも苦い、苦しげな表情をしている印象がある。向上心の表れなのだろうが、今日は勝って笑顔を見せて。

 

○コパノイワザール

繰り返すが道悪競馬が日常の高知競馬。先行押し切りのスピード型が、良馬場になるとゴール前失速する姿を再三見せられてきた。ここはそんなことは百も承知の鞍上赤岡が、中団ちょい前くらいの位置取りで競馬をしてきたこの馬の長所を活かしてくれるはず。

 

▲フリビオン

高知競馬の2歳チャンプ。馬柱に◎が並んで一番人気間違いなしだが、クリスマス以来の出走は高知競馬においては立派な長期休養明け。ガツンと先行してスピードもスタミナも殺される良馬場、どうだろう。2着、3着付けに旨味。

 

△パッパカ

フリビオンと同厩、炭田厩舎の人気薄のほう。とはいえ年末の金の鞍賞ではフリビオンとコンマ4秒差の競馬。休み明けのフリビオンと比較すれば、順調に使われてきたこちらも評価しなければいけないところ。

 

△カケジヤソデノ

南関からの転入2戦目。初戦は4着、2戦目は叩いた効果で1着。高知競馬3戦目の上積みを見込めば、雑賀正光厩舎に鞍上永森のブランドもあって無視はできない。