読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウナとサウナとサウナとサウナ 37歳サウナの日

f:id:tsumetaimizuburo:20170307223222j:image

【ザ ベッド&スパ】(所沢)

午前8時入店。

満37歳はいくつもの温浴施設に無料入浴できてしまう今日、受付で「すいません、37歳なんですが…」と申し出て運転免許証を確認してもらうと、地獄ロウリュの閻魔西澤さんが笑顔で「お時間は何時間でも、楽しんでいかれてください」と言ってくれる。

不感温度バイブラで身体を温めてから、マイルドなケロサウナ。

一日を優しい気持ちでスタートできる、だからここをサウナ巡りのスタートに選んだのだ。

ツイッターの中の人も相変わらず楽しい人で、俺もあんな風に仕事ができる大人になりたい。

もう37歳なんだけどさ。

f:id:tsumetaimizuburo:20170307224834j:image

【ロスコ】(駒込

駒込駅南口の「麺屋ごとう」でチャーシューメンを食べてから、午前11時半入店。

ここは前職を辞める前、ふて腐れながらサボリと有休消化を兼ねて朝から過ごしていた思い出があるサウナ。

サウナ室の上向きシートで横になっていると、焼かれる魚の気持ちが分かる。

いちいち浴槽がバイブラ仕様(水風呂も何だかブクブクしてる)なのが、ほぐされたいおっさん向きで好ましい。

f:id:tsumetaimizuburo:20170307225643j:image

【サウナセンター大泉】(鶯谷

山手線で移動して午後1時半入店。

サウナの日といえども平日昼間、さすがにお客は少なく元々熱々のサウナ室内でさらにセルフロウリュがし放題で、14度の水風呂も独り占め。

「食堂」と呼ぶに相応しい貫禄のある食堂で、生ビールとまぐろぶつの小休止。

ここの食堂はいつまでも今のままで残り続けて欲しい。

世界遺産ならぬサ界遺産に指定される価値がある。

f:id:tsumetaimizuburo:20170307230219j:image

【アダムアンドイブ】(西麻布)

日比谷線広尾駅下車。

3番出口を広尾学園方向に進んで2つ目のセブンイレブンの手前で右折、細い道に心細くなって「道を間違えたのでは」と思い出した頃に到着した。

初来訪である意味今日のメインレース、有名人に会えるサウナ。

入ってみると彫り物入りの方ばかり。

そして2625円の豚キムチ炒め定食(食べてる人がいた!)。

異世界に飛び込んでしまった感があったが、とにかく静かで(そりゃ騒ぐ気にならんよね)ヨモギのスチームサウナの香りがほんのり浴室全体に漂っていて、嫌いではない。

てか、また来たい。

途中細身の綺麗な女性が裏口?から出て行くのを目撃した。

店員に日本語のイントネーションで喋る人がいない。

サウナ室で森友学園について語り合うおそらく同門の彫り物4人衆。

ここには解き明かさなければならない謎が残されている。