読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもが生まれる前の日の話

f:id:tsumetaimizuburo:20170227153459j:image

風邪気味だな、と思いながら「気味」のうちにやることをやっておこうと思い、髪を切りに行く。

昔ながらの床屋、に見せかけて今風のディスカウントバージョンの店。

「今日は子守じゃないの?」

「いや、今ひとりなんですよ」

「あれ、奥さんと子どもさんは?」

「里帰り出産で、実家に」

「あー、そりゃあおめでとう。上の子は女の子だったっけ?」

「男です。次の子も男です」

「うちと同じだよ!男の子ふたりは元気があって明るくていいよ。女の子はどうしたって父親を嫌う時期もあるしさ。よかったね」

「ありがとうございます」

「それでも俺は女の子欲しかったけどね。今からじゃ遅いしさ。ハッハッハ」

 

Jリーグ開幕戦、J1でただ一戦日曜の開催だった試合、我らがヴァンフォーレ甲府ガンバ大阪相手に引き分け。

まずガンバ相手に先制するという発想がなかったから、前半終わって1対0にびっくり。

追いつかれたけれど、この開幕戦で勝ち点取れるとも思っていなかったからまあ良しか。

ただあそこまでいったなら勝って欲しかった…と内容を知ってから力が抜ける。

それにしても、応援してる割にヴァンフォーレのことを全然信じていないな俺は。

 

馬券を仕込んでおいた中山記念阪急杯はどちらも大波乱。

それ以上触れる気にならん。

今年のデムーロ凄え、とだけ。

 

夜はマルシンスパでロウリュを受ける。

体調が悪くなる時は背中に冷えを感じる、というのがおじさんになってからの自分再発見。

ここは屈んで、背中から熱風を受ける形で。

あらかじめ水分を多く摂っておいたから、サウナ室で素晴らしく発汗。

水風呂はさっと水通しするイメージで軽めに。

帰りには笹塚の風を暖かく感じられて、来た甲斐はあった。