読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

折笠豊和の単勝馬券

競馬

f:id:tsumetaimizuburo:20170225234120j:image

金曜日、記念すべき第1回のプレミアムフライデーを勝手に朝から実行し、仕事をお休み。

プレミアムフライデーって、来月もまたあるの?

というわけで浦和競馬場へ。

 f:id:tsumetaimizuburo:20170225234547j:image

先日引退した折笠豊和騎手の展示コーナーがあると、「田倉の予想」のブログにあった。

これが見たかったのが、浦和競馬場にやって来た理由。

間もなく40歳の通算4勝ジョッキー、いかにも手作りの展示コーナー。

彼が素朴に愛されていたことが伝わってきて、いい。

f:id:tsumetaimizuburo:20170225235004j:image

この日、前走まで折笠が乗っていた馬に國分祐仁が跨っていた。

27歳だが通算20勝を何とか超えたくらいの騎手。

もしかして今後は富田厩舎の主戦を務めたりするのだろうか。

代表レースの印象も何もない國分だが、以前は小久保厩舎に所属していたこともある。

富田厩舎、どうだろう。

f:id:tsumetaimizuburo:20170225235843j:image

かつて、相当かつての話だがスポーツニュースで元ホエールズ戦士の高木豊が「スランプになると人間性まで否定されるようになるんです。それが辛い」と語っていたことを覚えている。

実力の世界だから実力のある人間が実力を発揮して生きていくのは正当だが、それは本来の人間性とは別の話だ。

本来は。

しかしやはり実力ある人間は否定されにくいというか、人間性まで含めて最上のプレーヤーのような評価をされることが多い。

イチローなんか、手のつけようがないくらい嫌な奴のように思えてしまうのだが…

しかしイチローは成功者で、あの分かりにくくてつまらないコメントもどうしてか好意的に解釈してもらえたりする。

逆もまた真なりで、成績の上がらない選手のことをわざわざ「でも彼はいい奴なんです」なんてそんなコメントをしても、だからどうしたで終了だ。

折笠もきっと、勝てないことで勝てない以上に悔しい思いをしたことがあったと思う。

理不尽に。

f:id:tsumetaimizuburo:20170226000953j:image

 「これからも浦和競馬と地方競馬をよろしくおねがいします!」

と、いかにも折笠のイメージに合った文字。

偉い男だ、折笠豊和

去りゆく世界に、こんなに温かいメッセージを残していけるなんて。

少なくとも、恨み言ばかりを残して転職した俺より絶対に偉い男。

次に選んだ道は飲食業だという。

俺は折笠の第二の人生の単勝馬券を買う。

こんなに温かい男の成功を祈らなくてどうするんだという話。

f:id:tsumetaimizuburo:20170226001816j:image

折笠の店、絶対に行くから。

店を出せなかったら、浦和競馬場よさこいみたいなメイクしたおばちゃんに混ざって揚げ物出してくれてもいい。

今まで、お疲れさまでした。

これからは、とにかく幸せになってくれ。

中年になっての再スタートはしんどいものだが、折笠の場合、これまでのどんな騎乗馬よりも勝ち目がある戦いなんじゃないかと思う。

f:id:tsumetaimizuburo:20170226002604j:image

どうでもいいけど、この日の馬券は全然ダメでした。

いつもと同じか。

そんじゃ、また。