読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中山金杯・京都金杯予想

f:id:tsumetaimizuburo:20170104215653j:image

中山金杯

ドレッドノータス

今年も戸崎。前走10着はよく見ればダートなので度外視。それぞれの馬の可能性を追求したい、レースはたくさん使いたい、賞金は多く取ってなんぼの矢作厩舎。どれも主張は当然のこと。矢作調教師は常々業界内で自分は嫌われていると自虐しているが、去年は見事にリーディング。今年は質も伴って誰にも文句を言わせない年になると読む。金杯ドレッドノータスで好スタートを。

 

○ストロングタイタン

条件戦上がりを一気に抜擢という買い方はあまり好まないし、重賞どころかG1ウィナーもいる中でハンデ戦の54キロはそうも恵まれていないような。しかし前走の勝ちは鮮やかで、東スポの本紙舘林と馬匠渡辺が揃って◎を打つだけのインパクトはあった。順調なら今年重賞を取る馬、ならばいきなりここでも。

 

▲シャドウパーティー

前走ディセンバーSは2番人気を大きく裏切る12着。しかし堀厩舎、休み明けを叩いて変わってくるはず。この厩舎の実力と怖さは去年散々思い知らされたので。

 

△明日の通勤電車内で決める

 

京都金杯

エアスピネル

この馬が3コーナーから4コーナーにかけて馬なりで進出してくるシーンを見ると、いかにも武豊の乗り馬だなといつも思う。菊花賞の3000mから1600mと、ここまでブレが大きいと距離短縮の影響が読み難いが、向いているのは1600mのほうだろう。地力を証明して突き抜けるか、単なる勝ち切れないタイプなのか。そこのところが明らかになる一戦。

 

○ブラックスピネル

スピネルとスピネルの組み合わせは安直な…とも思ったが、年始の京都開催は例年内枠、そして先行馬が強い。かつて高倉と太宰を買い続けるだけで財布が厚くなるという夢のような経験をしたこともあった。1枠1番、先行力もあるこの馬を無視するわけにはいかないでしょ。

 

ガリバルディ

そう言っておきながら8枠18番の馬も買う。マイルCSを上がり最速で7着の力を、ルメールに引き出してもらってなんとか。少なくともマイルCSの後さらに一戦使って57.5キロのフィエロよりは、1ヶ月半の間隔をとって57キロのこちらのほうが魅力はある。

 

△明日の昼休みに決める