読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高知県知事賞予想

f:id:tsumetaimizuburo:20161231160612j:image

◎イッツガナハプン

高知競馬で7戦7勝。パワーがあり過ぎて時おり危うさも見せるが、メンバー中地力一番には違いないと思う。主戦の赤岡が南関遠征で乗り替わりはマイナス材料だが、代役の西川も昨日は乗れていたし、ベテランの経験が生きるほうに作用すると信じる。来年は交流重賞にもぜひ。

 

○サトノキングリー

前走の6頭立て3着をどうみるかだが、中央時代の実績を考えると「距離が延びてもなんとかなるでしょ」と思える数少ない馬。三村騎乗も心強い。頭まである。

 

▲リワードレブロン

メンバー中唯一、2400の距離がプラスになる存在。ただ前走の名古屋グランプリ、中央馬に負けたのは仕方がないが(本当は勝てと言いたいけど…)、名古屋のカツゲキキトキトにも5秒以上離され、佐賀の馬にも先着されてしまった。「高知の有馬記念高知県知事賞を制するには、物足りない。明日から9歳の8歳馬。高知の長距離砲も代替わりの予感。

 

△メイショウパーシー

去年の4着馬。勝つまでは想定しないが、高知のレースではスルッと2着3着に入ってくる印象。無視はできない。

 

△カッサイ

力はあるがあからさまに距離不安。ただし先行、なんならハナも切れる。条件戦の中山ダート2400のように「誰も適性がないのでとりあえず前行った馬がそのまま残った」展開になるなら。

 

△ブランクヴァース

忘れられた去年の覇者。高知で走るのはその去年の高知県知事賞以来。一年間ずっと交流レースで最後方をついてまわるだけの繰り返しだった。久々地元、の感覚は馬にはないものか?