読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京大賞典

f:id:tsumetaimizuburo:20161230001922j:image

大井競馬場的場文男競馬場。

f:id:tsumetaimizuburo:20161230002005j:image

今日も2勝。

12番人気の馬で勝ったりしていて、さすがというかもうついていけない。

今年ここまでで129勝の60歳。

超人にもほどがあるわ。

f:id:tsumetaimizuburo:20161230002734j:image

そういえば金沢から吉原寛人さん。

f:id:tsumetaimizuburo:20161230002826j:image

高知から赤岡修次さんの姿も。

ふたりとも南関競馬にすっかり定着した。

吉原はまた年明け、赤岡も夏頃に短期免許でやってくるのだろう。

風物詩のような存在、悪くない。

f:id:tsumetaimizuburo:20161230003103j:image

ところで、メインは東京大賞典

俺の◎サウンドトゥルーは3着、○アウォーディーは2着、そして▲のアポロケンタッキーが1着。

スポーツ紙なら「府中白糸台日記▲○◎三連単的中!」と見出しを打つかもしれない。

しかし現実にはアポロケンタッキー頭の馬券は持っていなかった。

f:id:tsumetaimizuburo:20161230004228j:image

それにしても中央馬が7頭出て1着から7着を独占。

的場文男も「最近の南関競馬はレベルが下がった」とインタビューで話していた。

東京大賞典は、大井競馬場で行われる中央競馬のレースとして機能してしまっている。

たくさんお客が入ってたくさん馬券が売れればいいのだろう。

もう勝てとは言わないよ、でも意地くらい見せてくれよ。

 頼むぜ、岡田総帥

f:id:tsumetaimizuburo:20161230004507j:image

1レース、有年の単勝を的中して華々しくスタートしたが、それだけ。

もちろんマイナス、こんなの慣れっこ。

f:id:tsumetaimizuburo:20161230004736j:image

陽が落ちて、寒くなって、明日の東京シンデレラマイルの予告なんかされちゃうと、本格的に今年が終わっていく感が出てくる。

いい年も、振り返りたくないような年でも、毎年12月29日はこんな感じだ。

f:id:tsumetaimizuburo:20161230005057j:image

隣のグループはこっぴどくやられてしまったのか「もう帰って換気扇の掃除するしかない」とか話していて笑ってしまった。

俺もマイナスだけど、これから換気扇の掃除をするような殊勝な心はない。

ふらっとしばらく、東京を離れる。

そんじゃ、また。