読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湯河原で舛添要一になりたくなった話

f:id:tsumetaimizuburo:20161226202028j:image

神奈川県足柄下郡湯河原町

この週末は家族で湯河原に行くと言ったら「公用車で行くんですか」と返してきたヤツがいた。

湯河原といえば舛添要一前都知事、別荘は売ったんだか売ってないんだか。

もう、すっかり過去の人になった。

f:id:tsumetaimizuburo:20161226202323j:image

海辺を湯河原中学校の子たちがランニングコースにしているようで、いいなと思った。

本人たちは苦しいし、見慣れた風景だし、なんてことはないんだろうけどさ。

この湯河原町には中学校は1校だけ、そして高校はない。

やはりジリジリと人が減っている今の時代。

f:id:tsumetaimizuburo:20161226202649j:image

たまに東京から遊びに来ただけの人間が、そう簡単に「ここはいい所だね」なんて言ってはいけないのだろうか。

いけないんだろうな。

f:id:tsumetaimizuburo:20161226202839j:image

帰りを待つ。

f:id:tsumetaimizuburo:20161226202916j:image

要は昼は喫茶店、夜は酒を中心にということなんだろうけど、「コーヒー&スナック」の看板が湯河原ではスタンダードなのか。

f:id:tsumetaimizuburo:20161226203302j:image

杖をついたお年寄りがどこのバス停にもポツンポツン。

ホテルは多いけど、観光に特化というわけでもなくて、生活感のある街。

f:id:tsumetaimizuburo:20161226203519j:image

新幹線の駅が置かれなかった東海道の街は実に魅力的。

というのもよそ者目線でごめんなさい。

f:id:tsumetaimizuburo:20161226204018j:image

落としていくお金もなくて、ごめんなさい。

f:id:tsumetaimizuburo:20161226204240j:image

ここでは確実に、100円払いました。

甘さより酸っぱさが上回ったみかん。

信じてくれて、ありがとう。

f:id:tsumetaimizuburo:20161226204431j:image

子どもが「また来たい」と言ったからまた来る。

家族での生活とは、そういうもの。

快速アクティーでも、片道くらいはグリーン車で。

f:id:tsumetaimizuburo:20161226204720j:image

俺が舛添だったら、上手くやったのになあ。

公用車じゃなくたって、特急踊り子のプレミア感の薄いグリーン車を使えばいいだけの話だったろうに。

緊急なら、ハイヤーで都庁に向かえばいいだけの話だったろうに。

どこまでいっても満足しない男だったんだろうな。

ダービー馬の馬主ですらあったのに。

f:id:tsumetaimizuburo:20161226210235j:image

あ、それから有馬記念はホテルで観ました。

 f:id:tsumetaimizuburo:20161226205909j:image

そんじゃ、またね。