読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

武幸四郎調教師

f:id:tsumetaimizuburo:20161208223224j:image

難関の調教師試験、合格おめでとう。

 

いつもに増して心を殺しながら働いた午前。

もうこのまま消えてしまおうか、と思いながらコンビニ弁当の昼休み。

箸は右手、左手でipadを弄りながら目に入ってきたニュース。

武幸四郎、調教師試験合格。

意外なくらい、心が温かくなった。

今でもなぜだか分からないくらい、嬉しい。

 

「ちょうど騎手20年目ですけど、騎乗技術は今が一番高いところに来ています。自分でそう思うんだからたぶん間違いない。でも…」

先日のNumberの武豊特集の号にあったインタビュー、武幸四郎は調教師を目指していると明言していた。

騎手としての姿が見られなくなる寂しさは、正直あまり感じない。

騎乗数も減っていたし、有力馬でG1に挑むチャンスもなくなっていた。

3年前か4年前か、東京競馬場でやたらと外枠の馬で馬券に絡んだ日があった。

その日が「武幸四郎騎手」としての、最後の印象になっている。

 

今の時代は調教師になっても厳しいとか、ついそんなことを言いたくなる。

だが、何といっても武幸四郎なのだ。

調教師になっても武幸四郎武幸四郎なわけで、いきなり武幸四郎調教師にとってのオースミタイクーンが登場したっておかしくないじゃないか、と思う。