読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高木真備が勝ちました。

日常

f:id:tsumetaimizuburo:20160704220909j:image

今日の京王閣、ガールズケイリン決勝の発走時間は19時28分。

雷も通り過ぎてくれて、この時間なら会社帰りに間に合う。

観戦してすぐに帰れば、子どもと一緒に風呂に入れる。

1レースの競輪のために、京王多摩川で途中下車。

 

当然人気は高木真備で、俺もこの選手が見たいから現地に来た、というところ。

接戦だったが、競輪の接戦は接戦に見えて接戦でないところがある。

特に高木真備は、毎回大差で千切って勝つタイプではない。

テイエムオペラオー」のようなスタイルだ。

新人の荒川ひかりを抑えての勝利は必然だった。

着差は「タイヤ差」、なるほどこれは競輪だ。

俺はヒモを違えてハズレ。

なるほどこれはいつものことだ。

珍しいことは何もない。

 

優勝を決めてインタビューに出てきた高木真備は、華奢だった。

さすがに太腿には鍛えた跡が現れているのだろうが、そこまでは近づけなかった。

彼女は21歳。

人生の中盤のおじさんには眩しく見えた。

厳しい世界だろうけど、喜びも自力で手に入れられる世界。

彼女の未来が羨ましい。

 

あと、2着に入った荒川ひかりも21歳。

場内で流れてたインタビューを見て、いい顔してるなあと思った。

何というか、勝負の世界の女だなあと。

凛々しくて、気が強そうで、もちろん綺麗で…

とか、俺の持ってる形容詞では表現しきれん。

初勝利まで、追いかけてみようか。