読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大餃子定食

f:id:tsumetaimizuburo:20160614223345j:image

出張先での昼食。

せっかく都心に出てきたのだから何かいいものを、と思っても時間は限られていた。

近くには飲食店もなく、歩いて、歩いて、歩いて、ようやくラーメン屋を見つける。

食べたのは「大餃子定食」。

歩いて、歩いて、歩いて、汗がとまらない程度の距離を歩いていたから、初めて来たラーメン屋だがラーメンは頼まなかったのだ。

 

「だいぎょうざていしょく」

とオーダーしたら、店員の、ほぼ間違いなくバイトのお兄ちゃんが厨房に向かって威勢よく、

「おおぎょうざていしょくいっちょうです!」

と叫んだ。

「大餃子定食」は「おおぎょうざていしょく」であって、「だいぎょうざていしょく」ではなかったのだ。

それだけの話で、それでちょっとだけおじさんは恥ずかしかったですって、本当にそれだけの話。

 

かつて、「三元豚」が「さんげんぶた」なのか「さんげんとん」なのか分からなくて、「三元豚の○○」なるメニューを注文できなかったことがある。

 

本当にそれだけの話。

 

明日も同じところへ出張なので、同じ店に行って今度はしっかり「おおぎょうざていしょく」とオーダーする手もある。

味とボリュームは素晴らしかったので。