【騎手の腕】有馬記念予想【2020】

f:id:tsumetaimizuburo:20201226230808j:image

◎フィエールマン

○カレンブーケドール

▲クロノジェネシス

△ラッキーライラック

△ラヴズオンリーユー

△サラキア

 

1枠1番にバビット、3枠6番にキセキと、先手を取りたがる2頭がともに好枠に入った。

バビットはこのメンバーで中山の坂には底力及ばず、キセキはすでに制御不能になっている感もあるが、早めのペースで流れる有馬記念になるのは間違いない。

大きく離して逃げる2頭を早く捕まえたい、しかし仕掛けが早まれば最後の急坂で脚は止まる。

 

◎フィエールマンに騎乗するルメールなら、早仕掛けでガス欠する展開にはならないだろう。

そもそもステイヤーと評して間違いないくらいのスタミナがある。

中山2500は強い馬が勝てない可能性が高いコース設定だが、総合力でこの馬が一番上なのは確かなように思える。

引き出す乗り手がナンバーワンなら、◎指名は必然だ。

 

○カレンブーケドールは勝たせてあげたい馬。

「好きな馬を買え」の有馬記念で◎に推すにはふさわしい存在だが、引っかかってしまうのは津村→池添への乗り替わり。

津村と惜しい競馬を繰り返す中で思い入れが出てきたので……という個人的な心情の都合もあるが、前述の通り癖のある中山2500で乗り替わりの馬を◎にまで抜擢する気にはならず。

 

▲クロノジェネシス宝塚記念を勝っているのだからスタミナの心配はない。

初の中山だが強い牝馬はなかなか中山で使うレースがなく、去年のリスグラシューも初中山で快勝だったのだからそこをマイナス評価するのはもったいない。

この3番手評価は、有馬記念の舞台においてはルメール>池添>北村友の順で鞍上を評価しているから。

力量からすれば突き抜ける馬券も押さえたい。

 

△ラッキーライラックは福永が差しに構えてくれればどこまで、△ラヴズオンリーユーは出遅れて追い込みに賭けたらむしろ面白い、最後の△サラキアは小倉東京阪神と場所を変えながら3戦連続で上がり最速を記録しているのが見逃せない。

東京競馬場で逢おう アルゼンチン共和国杯

f:id:tsumetaimizuburo:20201108234614j:image

パドックとは横山典弘のやる気を見極めるために存在しているもの。

この騎手に限っては馬よりも断然、人なのだ。

f:id:tsumetaimizuburo:20201108234549j:image

入場券がほしければ事前にネットで申し込んでください。

当選の通知が来たら支払手続きをしてください。

当日は入口でQRコードと身分証を提示してください。

手はもちろん消毒してください。

手首に入場証のリストバンドをはめてください。

8人のスタッフの前で検温してください。

そうしたら、競馬場へようこそ。
f:id:tsumetaimizuburo:20201108234606j:image

8人のスタッフに囲まれながら検温したら、JRAの採用試験を受けた日のことを思い出した。

筆記試験を通って、一次面接からズラッと何人もの面接官を相手にして、圧迫され続けた20分間。

「君、馬券買ってるでしょう。買ってるに決まってる。学生は馬券を買ってはいけないんだ。そんなことも知らないのか」

馬券を買ってるなんて一言も言わないのに、のっけからそんな調子だった。

後年JRAはファン層の拡大を目的として、20歳を過ぎていれば学生でも馬券購入を可とする改革を行った。
f:id:tsumetaimizuburo:20201108234553j:image

先々月に大阪ドームで野球観戦した時と、先月に味の素スタジアムでサッカー観戦した時と、同じ感想。

入場できたことだけで前進したといえる情勢には違いないが、現場は楽しさだけが削ぎ落とされて抜け殻になっている。

かつてこの場所に縁のあった者たちが、古き良き思い出にしばし浸るためにやってくる。

そのためだけの場所になっていて、これはもう墓参りのようなものだ。

少なくとも新規のファンがやってきて魅力を感じられる場所ではない。

馬にも近づけないしさ、ビールもソフトクリームも売ってないしさ。

f:id:tsumetaimizuburo:20201108234603j:image

人の気配が薄く、廃墟巡りの感もあった。

しかし制服を着たスタッフは、皆楽しそうに働いていた。

彼らはおそらく今のままを望んでいるのだろう。

別に悪くなくて、労働者の気質とはそういうもの。
f:id:tsumetaimizuburo:20201108234558j:image

競馬場はこんな姿でも、売り上げは上がっている。

いつの日か馬が消え、競馬場が消え、騎手たちはリストラされ、それでもなんらかの形で競馬が開催されていることになっている、そんな世の中になるのではないか。
f:id:tsumetaimizuburo:20201108234619j:image

で、いきなり無駄遣いするのもあれなので、おとなしく府中駅前のココカラファインでチョコパイを箱買いして帰ったわけです。

「今日のパパはお仕事をした上に万馬券まで当てた」と、子どもの前で大威張りでチョコパイの箱を開けると「あなたたちもパパもチョコパイは一日1個までよ」と妻。

(府中白糸台日記「東京競馬場で逢おう 根岸S」より)

2月2日以来だった東京競馬場

あの日はね、準メインで53歳柴田善臣が乗ったサンアップルトンを拾えなかったんだよなあ。

その時のことをしっかりと覚えておけば、今日のアルゼンチン共和国杯で、54歳柴田善臣が乗ったサンアップルトンを買えたはずだったのに。

そしてコントレイルは三冠馬になった

f:id:tsumetaimizuburo:20201025230500j:image

 本当は帰りの飛行機代を全部かけたいところだが、このあとパリで暮らす気もないので、特券の二、三枚ずつで勝負しようと思う。

 国際電話のダイヤルを回して、トルコの桃ちゃんを呼び出す。

「いつもすまないね。そっちで馬券を買ってほしいんだ。2-2、2-3、2-6、3-6。それに付け加えて3-3の五点で、一万五千円。そのかわり、パリみやげに、ノミの市で財布でも買っていってやるからね」

寺山修司『風の吹くまま』より)

トルコの桃ちゃんに電話を入れなくても、どこでも手元で馬券が買える時代。

今日の菊花賞はコントレイルが勝った。

三冠馬になった。

しかしなんだか寂しかった。

まだ秋競馬は続いていくが、クラシックを終えると一年がひと段落した気分になる。

今年の競馬は遠かった。

もともと毎週通っていたわけではなかったけれど(内心は通いたかったけれど)、競馬場から締め出された日々は虚しかった。

「こんな年もあった」と消化できる前に、人生の命脈が尽きると思う。

「勝ちそうな馬ではなく、好きな馬を買うのが、競馬のロマンだそうだが」

と出前持ちの四郎がいった。

「好きな馬が二頭以上出てたら、どうしたらいいんだろうね」

寺山修司『風の吹くまま』より)

やっぱり現地で観ないとなあ。

なかなか思い入れのある馬は出てこない。

2着はアリストテレス、ここまで無敗の二冠馬と叩き合った小牧特別馬。

こういう馬を拾うにはなにかしらの思い入れがないと……

でも4番人気だったの?

大体の競馬ファンは俺より馬券が上手いのはもうわかってる。

それに好きな馬が二頭出てきたら1着2着の折り返しで三連単を買えばいいし、それ以上いるのならボックスにすればいい。

馬の力より、買い手の数字合わせが重要な時代。

 押してもダメなら引いてみなと水前寺清子が歌っている。しかし、私の競馬の教訓は「押してもダメでも押してみな」である。一度ダメなら二度、二度ダメなら三度、しつっこく押し続けていると、そのうちに必ず的中する。

寺山修司『競馬三文オペラ』より)

菊花賞では○、ダービーでは▲、皐月賞に至ってはコントレイルを飛び越えての◎評価で馬券を買っていたのがサトノフラッグ。

春は馬券圏外で、今日ようやく3着までやってきた。

この馬を頭にした馬券を取る日までは、競馬を続けなければいけないらしい。

 

菊花賞 理想と現実

◎コントレイル 1着

○サトノフラッグ 3着

▲ヴェルトライゼンデ 7着

△ディープボンド 4着

△ダノングロワール 15着

△ディアマンミノル 13着

失われたサウスポーと豊田泰光が喜ぶプロ野球

f:id:tsumetaimizuburo:20200706223837j:image

今年は長男と神宮球場へナイターを観に行こうと約束していたが、果たせそうにない。

ぼちぼちと観客を入れ出すらしいが、それもまずは5000人でどうこうという話で、親子で並んで観戦が叶うのは相当先だ。

去年の冬から長男は野球に興味を持ち出していた。

寒い中、壁当てができる公園まで行って、小学1年生なりに投げ込んでいた。

それが春になってもテレビには野球が映らず、父と約束した観戦も実現せず、今は軟式ボールも家のどこかにしまわれてしまっている。

日本プロ野球界は未来あるサウスポーを失ってしまったといっていい。

その後一時はコロナに勝つ薬を開発する研究者になりたいといい、再開された学校の作文にはやはりと言うべきか「YouTuberになりたい」と書いていた。

昔の子どもとは違う意味で、今の子どもは画一的だと思う。

今のやたらと捕球音と打球音が響く無観客試合を観て、豊田泰光が存命であったなら「ドンプカ応援がないプロ野球は素晴らしい。ずっとこのままでいい。客なんかいらない」と言っただろう。

あの人、いろいろ持ち上げられてもいたけれど、広岡達郎程度には老害だったよな。

f:id:tsumetaimizuburo:20200706225208j:image

今日のサウナは水道橋のアスカ。

もともと来たけりゃ来いの雰囲気の店だったので意外というか、しかし今はこれをしないと営業できないのだろうけれど、リクライナーの間がビニールシートで仕切られているなど、コロナ対策はされていた。

サウナ室のドアの建て付けが悪く若干隙間が空いていたのは、これも換気を意識したコロナ対策だったか?

それでも120℃に迫る熱さは健在だったので、何も問題はなかった。

【準備万端】宝塚記念予想【2020】

f:id:tsumetaimizuburo:20200627232554j:image

◎サートゥルナーリア

○ラッキーライラック

▲クロノジェネシス

ワグネリアン

△グローリーヴェイズ

△ブラストワンピース

 

◎サートゥルナーリアは右回り6戦5勝、鞍上ルメールなら3戦3勝。

ダービーの敗戦時には左回り苦手説、天皇賞秋で敗れた際は大観衆の歓声に怯んだという話が出ていたが、今回は右回りで無観客の競馬場なのだからレース前にして不利な条件は克服済みだ。

今夜から明日の朝にかけて阪神競馬場は雨らしいが、昨年末の有馬記念で野暮ったい上がりの2着も経験している。

馬格もあるので多少の馬場悪化なら問題にならないだろう。

堅軸。

 

牝馬の時代で相手は○ラッキーライラックと▲クロノジェネシスが2キロ減を活かせれば逆転首位も、△ワグネリアンはいつのまにか堅実派、△グローリーヴェイズはドバイ回避でこの春初戦のローテーションを割り引き、最後の△は忘れた頃のブラストワンピースを。