読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中京競馬場2016年7月24日第12レース(芝1400)

嫁と子どもが実家に帰った週末の一日、俺は東京競馬場でダラダラしていた。 ここにはもう、競走馬はいない。 芝生が剥がされた馬場、今年はやたら鳴いてるセミ、2回もソフトクリームを食べて、ダラダラと函館競馬と中京競馬と福島競馬の馬券を買っていた。 …

春の終わりに

東京競馬場、準メイン清里特別の発走時間は29.9度。 これが今日の府中市の最高気温だったらしい。 惜しくも夏日には届かず。 セミの声もまだ聞こえない。 今日は春だったんだ。 まだ夏ではなかったんだ。 腕が半袖のまま日焼けして、風呂上がり嫁に笑われる…

『馬道ひとすじ』(川島正行 2002)

笹塚の古本屋で見つけた。 税込の108円、即買い。 川島正行という人は、元船橋競馬の調教師で、何度もリーディングを獲っていて、アジュディミツオーで海外遠征もしていて、息子の川島正太郎は現役の騎手で「坊ちゃん」とあだ名されていて… というあたりは、…

的場文男にダービーを

「俺が競馬を好きになった頃からずっと現役の騎手」って武豊とか横山典弘とか田中勝春とかもちろん柴田善臣先生とか。でも当時からベテランで、今もベテランなのは的場文男だけ(石崎隆之はどうした?)。神様でも、仏様でも、悪魔でも(悪いものは全部俺に…

日本ダービーと、目黒記念と

長い直線、鋭い決め脚。本命はマカヒキにしようと決めていた。決めたのは昨夜、ぼんやりと「マカヒキか…」と思っているところに、復活の清水成駿が本命をマカヒキにした東スポ一面を見たからだ。清水成駿の遺言のように思えたのだ。マカヒキが勝った。もっと…

最強馬コディーノ

2012年の11月、東京競馬場。その日は土曜日で、時折小雨が降っていたように思う。天気が悪いから初冬の日の入りは早く、メインレースの東スポ杯2歳ステークスが終わった頃にはもう暗く、逆に照明が眩しかった。勝ったのはコディーノ。デビューから3連勝のゴ…

的場文男インタビュー

ずらずらっと、的場文男のインタビュー記事。 「あの頃は雲のように乗っていた」というのもキザなようで、この人が言うとまったく嫌味なく、本当にそう感じながら乗っていたんだなと思わせる。 オフト後楽園でよく馬券を買っていた時期があって、競馬オヤジ…

サニーブライアン、シルクライトニング、フジヤマビザン

ディーマジェスティが皐月賞を勝った。18番枠の馬は久しく勝っていない。その頭があったから、少なくともディーマジェスティを1列目にマークした馬券を買う気はなかった。「18番枠の馬は久しく勝っていない」データ派でもない自分がそのことを知っていたのは…