競馬

【外国人で】マイルチャンピオンシップ予想

◎エアスピネル ○レッドファルクス ▲イスラボニータ △クルーガー △ペルシアンナイト △グランシルク 上記6頭中5頭の鞍上が外国人騎手。 前哨戦の富士Sで勝ち切れない流れを払拭したエアスピネルは、ここにきてツキを失った武豊(自業自得?)よりムーアのほう…

【3着争い】黒潮ジュニアチャンピオンシップ(高知)予想

◎ネオプリンセス ○ヴァリヤンツリ ▲ネイティヴゴールド △シェナフィリア △サードレディ △レジーナローザ 4戦4勝、全て逃げて快勝の1枠1番ネオプリンセスを本命に。 この2歳馬、中央競馬のファンには理解しがたいところだろうが、前走は最下級戦とはいえ古馬…

【勝負駆け】エリザベス女王杯予想

◎ヴィブロス ○スマートレイアー ▲クイーンズリング △ルージュバック △ミッキークイーン △モズカッチャン 今年のエリザベス女王杯は豪華メンバーの評。 思うに3歳馬、秋華賞の1着〜3着馬がレース間隔がどうの、距離延長がどうの、騎手の手配がどうの、などと…

福島競馬場で逢おう みちのくステークス

福島の小学校、運動会に「ダービー」という種目があるのだという。 ただの駆けっこではなく、馬の像を掲げながら走り、かつ着順を争うというもの。 意義の分かりにくい内容を分かりやすいルールで争う、いかにも運動会らしい競技。 相馬野馬追だって福島だ。…

【末脚光る】黒潮マイルチャンピオンシップ(高知)予想

◎ワイルドコットン ○クレスタラン ▲ウォーターサルーン △イッツガナハプン △チャオ 馬場状態の影響もあるので一概には言えないが、高知競馬の馬たちの主戦場になっている1300m、もしくは1400mは圧倒的に先行有利。 本命馬が1コーナーを最後方で回ったら、も…

【台風強襲】天皇賞・秋予想

◎キタサンブラック ○サトノクラウン ▲ヤマカツエース △リアルスティール △サトノアラジン 道悪に強そうなイメージの◎キタサンブラック、実際に道悪で実績のある○サトノクラウン。 毎日王冠の後、出来半ばの触れ込みながら追い込んで3着だったグレーターロン…

菊花賞予想

◎キセキ ○ベストアプローチ ▲サトノクロニクル △ミッキースワロー △トリコロールブルー △スティッフェリオ ◎はルーラーシップ産駒、○はニューアプローチ産駒、▲はハーツクライ産駒、△の3頭はトーセンホマレボシ産駒、ステイゴールド産駒、そしてもう1頭ステ…

【騎手の腕】黒潮菊花賞(高知)予想

◎モズオトコマエ ○カレンラヴニール ▲タッチスプリント △ミッキースプリング △ダノンウインザー △マルムーティエ ここに出てくれば三冠濃厚だったフリビオンが西日本ダービーに向かったことから、かなり混戦ムードになった高知競馬の菊花賞はもちろんダート…

【両睨みで】秋華賞予想

◎アエロリット ○ラビットラン ▲リスグラシュー △ディアドラ △ミリッサ △ポールヴァンドル 先行がハマればアエロリット。 振り返ればクイーンS、鮮やか過ぎる圧勝逃げ切り勝ち。 カワキタエンカにレーヌミノルあたりも前に行こうとするだろうから、1枠1番から…

東京競馬場で逢おう 毎日王冠

一時、ソウルスターリングの単勝オッズが2倍を切っていた第68回毎日王冠(最終オッズは2.0倍)。 ひねくれ者は逆らう気満々だったのだが、前座の前座の9レース、人気薄の柴田大知サバイバルポケットが最内で粘り、しかも差し返す形で2着に入った。 今日は内…

【連覇へ】スプリンターズS予想

◎レッドファルクス ○ファインニードル ▲セイウンコウセイ △ワンスインナムーン △メラグラーナ △ラインミーティア 秋のG1、第一弾。 今年は一年を締めくくる大レースが、有馬記念ではなくホープフルSということになっている。 ホープフルSは12月28日開催。 翌…

浦和競馬場で逢おう テレ玉杯オーバルスプリント

石崎隆之さん、61歳。 今日は2回だったか、馬券に絡んでた。 俺はもちろんどちらにも縁はなく。 こちらは毎度おなじみ的場文男さん、やはり61歳。 御神本が戻ってきて、次の船橋開催からは森も戻ってくるらしい。 今年は150勝ペースできているが、これからは…

【古馬の壁】珊瑚冠賞(高知)予想

◎ワイルドコットン ○カッサイ ▲フリビオン △カイロス △スタートレイル 1300m、1400mで追い込んで煮え切らない競馬を繰り返していたワイルドコットンに◎。 同じ追い込み脚質、おそらく人気は高知優駿馬▲フリビオンだが、素直に1900mへの距離延長がプラスに働…

川崎競馬場で逢おう

中野省吾。 札幌のWAJSでは勝利は挙げられなかったが、馬券には絡んだ。 競馬場では頼りになる騎手には違いないが、その言動には少々危うさも感じる。 25歳のこれからを眺めていく。 こちらは昨日、園田競馬場で今年100勝目を挙げた61歳なりたてホヤホヤ。 …

建依別賞(高知)予想

◎ヒロノカイザー ○チャオ ▲カッサイ △セトノプロミス △クレスタラン 建依別賞は「たけよりわけしょう」と読む、高知競馬の重賞。 建依別とは日本神話の中に表現されている土佐の国の名称。 せっかくなんだ、競馬をしながらどんどん賢くなっていこう。 前走逃…

トレノ賞(高知)予想

◎ヒロノカイザー ○カイロス ▲サクラシャイニー △カッサイ △グレイスフルデイズ △ロジテースト 3走前にJRAとの交流レース、桂浜盃を制しているヒロノカイザーが◎。 最後方からの競馬になって5着に敗れた前走は度外視。 引退を控えたアーサー中西達也がカイザ…

ジャパンダートダービー(大井)予想

◎サンライズノヴァ ○リゾネーター ▲タガノディグオ △サンライズソア 大井だと戸崎の馬から買うのが安全策と言えば安全策。 娯楽の競馬で守りに入った買い方をするようではつまらないが、鞍上戸崎のサンライズノヴァ、前走ユニコーンSの2着へのコンマ7秒差は…

帝王賞(大井)予想

◎ケイティブレイブ ○クリソライト ▲ゴールドドリーム △アウォーディー 4頭の戦い。 序列は前走ドバイのゴールドドリームとアウォーディーより、前走平安Sのケイティブレイブとクリソライト重く見る形。 明日はどれだけの雨がどの時間帯に降るのか、明日は明…

【順調度で】宝塚記念予想

◎サトノクラウン ○レインボーライン ▲キタサンブラック △ゴールドアクター △シャケトラ 波乱への願望ありきなのは認めつつ、レコード決着だった天皇賞春の反動を考慮。 大阪杯から一息入れて、そもそも天皇賞春には参戦していないサトノクラウン。 天皇賞春…

ハギノパトリオットはどこいった?

晩春、惜春、向暑。 今日の東京競馬場は、残春の一日。 もうみんな半袖、とっくに梅雨を通り越して夏がやってきてしまった雰囲気ではあるんだけど。 春の東京開催は明日まで。 これをもって、本格的に夏競馬の世界へ。 今日の府中の最高気温は29.3℃。 惜しく…

『競馬場で逢おう』(寺山修司)

寺山修司の競馬六部作。 しかし本人には六部作を書いた、という自覚はなかっただろう。 内容は報知新聞に連載していた競馬予想コラム「みどころ」「風の吹くまゞ」を時系列で並べたもの。 「菊の花は黄色い。黄色は五ワクである。だが、タニノムーティエが五…

【地元有利】高知優駿(黒潮ダービー)予想

◎フリビオン ○スーパーマックス ▲シュタルク △ユメノカヨヒヂ △マルヨアキト 下記は過去5年間の高知優駿の勝ち馬、そして1着賞金。 2012年 ドンスキマー 27万円 2013年 アラマサシャープ 40万円 2014年 ニシケンメイピン 60万円 2015年 オトコノヒマツリ 80…

【末脚期待】安田記念予想

◎サトノアラジン ○ステファノス ▲イスラボニータ △ブラックスピネル △エアスピネル △アンビシャス 前走京王杯SCで9着の敗因を道悪、休み明け、しかも海外遠征帰りと決めつけてしまえばサトノアラジンがおいしい。 混戦模様の中、去年の安田記念0.2秒差で4着…

日本ダービー予想

◎スワーヴリチャード ○アドミラブル ▲レイデオロ △クリンチャー △サトノアーサー △ダイワキャグニー △ベストアプローチ 今夜、心臓が止まらない限り今年も迎えるダービーの日。 人生が続いていく限り毎年ダービーはやってくるし、人生が終わっても俺が観られ…

オークス予想

◎モズカッチャン ○ホウオウパフューム ▲ソウルスターリング △リスグラシュー △アドマイヤミヤビ △ヤマカツグレース △フローレスマジック 思い返せば桜花賞、絶対の存在だったソウルスターリングが終わってみれば3着。 矢作調教師が打倒ソウルスターリングに…

黒潮皐月賞(高知)予想

◎フリビオン ○ワンダフルメモリー ▲シュタルク △モミヂノニシキ △パッパカ 高知競馬のクラシック一冠目。 一番人気濃厚だが、フリオーソ産駒のフリビオンからいきたい。 12戦8勝で負けた4戦も2着と3着が2回ずつ、要するに複勝率100%の安定感だ。 敗れたのは…

大井競馬場で逢おう

通算7000勝を目指す60歳的場文男とガンバルサムライ。 残念ながら2番人気7着でした。 的場文男、今日は勝ち星を上積み出来ず。 あと7勝! 次回大井開催あたりでの達成になるだろうか。 少々遅れても東京ダービーで達成してくれる、というのもまた素晴らしい…

天皇賞春予想

◎キタサンブラック ○サトノダイヤモンド ▲シャケトラ △シュヴァルグラン △レインボーライン 内枠有利、長丁場は距離のロスなく運んだ馬が有利になる。 3200mの天皇賞春の傾向においても、そんなの当たり前。 ならば軸は2枠3番キタサンブラックに落ち着くのが…

門別競馬場で逢おう

人生初の門別競馬場。 各所でされている「歩いて来場することが前提になっていない」という紹介が事実であることを、富川駅から歩いてきたことで実感する。 今日のお客さん何百人いたのかは知らんけど、もしかして歩いてきたのは俺ひとりじゃないか? パドッ…

『成駿伝 孤独の◎は永遠に』(「成駿伝」製作委員会)

「ダービーは、皐月賞で一番いい脚を使った馬を買え」 『1馬』でバリバリ活躍していた頃を俺は知らない。 清水成駿といえば東スポの馬單三國志で、G1の季節の土曜夕刊の一面が指定席のイメージ。 東スポでの連載を開始したのは2002年のことだったという。 俺…