日常

もう2回もダブルチーズバーガーセットを食べたので

こんばんは、人生再設計第一世代です。 消費税を上げるかどうかというのは、このくらい殺そうかいやいやもうちょっと殺せますよの見積り合わせ。 その場しのぎで上等だから、効き目は24時間でいいから、体が楽になるマッサージの店を教えろ。 10連休とは無縁…

幸せは分け合って美味しくいただく

長い滑り台の先に西武新宿線が走る、東伏見公園へ。 父親は今月から所属の部署が変わり、新たな仕事を覚え、人間の心を取り戻そうとしている最中だ。 長男は進学し、来週から給食も始まって小学生ライフの本格スタートだ。 人気の滑り台に何度も並んでお尻が…

平成最後の桜

今日の上野公園。 まだなんとか、ブツブツと文句を言いながらも花見が成立するくらいの桜。 平成最後の桜もそろそろさようなら。 「平成最後の」がやたらとしつこく使われるものだから、「『平成最後の』ハラスメント」なんて言葉も生まれてしまったとか。 …

プロレス、桜、サッカー

神奈川の中央を走るバスなんだから、町田に車庫がある。 そんなの当たり前だろ? 野津田車庫から歩く。 昨日笹塚のローソンで買った1800円のアウェイ自由席券を握り締めながら歩く。 頼りない道を歩く。 この先で、これからプロサッカーの試合が行われるはず…

平成は詐欺師の時代

5月1日からの元号が令和になることは分かったけど、なにしろ今日の俺は朝5時起きで23時まで働いていたから、その令和の意味合いも斜め読みのネット記事でしか見ていない。 『万葉集』の「令月(よい月)」と「風和(やわ)らぎ」を合わせたもの、という記事…

午前中からマルシンスパ

体感で、今年は別れが多い春だと思っていた。 しかしまあ今日までは3月だったのだ。 まだ春の序盤戦、3月は別れのターンだが4月になれば望まなくても出会いが山ほど、これが人為的に年度で動かされている人間の常だ。 焦ってはいけない。 平成はまだ1ヶ月も…

新元号なんていらない

思い入れのない仕事を目に光のない人型ロボットに引き継ぐ作業。 片付かないロッカー。 昼から10時間ひどい目にあった花粉症。 老眼への恐れ。 首、肩、背中のコリ。 ポイントカードで満たされた財布。 行けないサウナ。 当たらない馬券。 買っただけの本。 …

ヤクルト3-11西武(戸田)

今日は少なくとも10年以上は来ていなかった荒川河川敷の戸田球場に、当時はこの世に存在していなかった息子とともにやってきた。 家から近いジャイアンツ球場には中日の根尾が来ていて、混んでいそうだからと次善の策で選んだ戸田。 根尾はこれから一軍戦で…

卒園式、黒船賞、ニューウイング

午前は長男の卒園式。 泣いている子がいて、泣いている親がいて、うちの子は笑っていて、俺も笑っていた。 これでいい。 保育園とは両親が働いている間に子どもを預ける場所。 俺には何かのタイミングで自分が働き続けることができなくなり、その時には退園…

そんなに大した春じゃない

仕事には何も冴えたところがなく、馬券も当たらない日常を生きていると、俺は働くのも遊ぶのも下手な人間なんだなと思う。 「それでも生きて暮らしてるんだから立派だよ」と切り返す論法があることも知ってはいるのだが、これは褒めどころのない見知った他人…

ブレイキングドーン3着

弥生賞 予想と結果 ◎ニシノデイジー 4着 ◯ラストドラフト 7着 ▲ブレイキングドーン 3着 △サトノラディウス 6着 △カントル 5着 内枠から先行、距離の面ではいかにも無駄のない走りをした2頭が、そのまま馬場の悪い内側を通されて敗れる。 悔いの残る買い目だ…

カミキリムシみたいなもん

このところの俺はすっかりポンコツになってしまっていて、能力以上に働かされた一週間のせいなのか、それともすでに39年間は生き過ぎなのか、疲れてしまって起き上がれない土曜日だった。 体にも痛み、軋み、取れない疲れ。 関節に油が足りていない感覚、こ…

信号機に登った老人

昨日も今日もまともなダイヤで電車は走っていなかった。 人身事故、線路内への立ち入り、そして横浜線では信号機に登った老人。 寒暖差が大きくなって、それでいて春に傾きつつある時季には、いろんな人が出てきてしまいますねという雑なまとめでよろしいか…

自分の脳と仲が悪い

朝は早かったが、これは無駄だった。 このところ自己肯定感の低い男は低い男なりに働いていて、首肩背中がバリバリに凝っていて、花粉症の気も出てきたものだから鼻も詰まり気味で、心地の悪い目覚めは5時20分だった。 二度寝できないと疲れが取れず気だるい…

そのオロポこそは人間の心なのだ

「オロナミンCとポカリスエットが闘っている。そして、そのオロポこそは人間の心なのだ」 「オロポの中に幸福を求めなさい。そして、たゆみなく働きなさい」 「人類の最も偉大な思想は、石をオロポにかえるということである」 「オロポにおなりなさい。そう…

軍手に謝る

手袋の片っぽだけが落ちているのをたくさん見る季節になった。 取り残された片っぽだけの手袋はいかにも寂しげだが、落としてしまった人もきっと寂しいだろう。 不意に訪れてしまったお別れ。 取り残されなかったもう片っぽも「片っぽだけじゃどうしようもな…

サウナトーホー最後の一枠

三連休の初日。 いつもと同じように起きて朝からレポートに手をつけようと思っていたのだが、思っていただけだった。 気づいたら午後、いつまで経っても降らない雪。 あえて家を出てネットカフェで3時間コース、1本仕上げた。 明日も1本、明後日も1本、三連…

オリックスが最下位なら俺も最下位だ

「人を傷つけたり殺したりすることが厭で、そのために亡びてしまった国家があったということで充分ではないか」(山口瞳) 「朝起きたり生物と口をきいたり眠気覚ましのためだけに缶コーヒーを一気に飲んだり人間を知らないのに人間を評価したりすることが厭…

中の人が焦り出している

長野。 「ながの」ではなく「ちょうの」。 広島の赤いユニフォームが案外似合ってた。 明るく周りに気を遣える人格者で……という報道も多い。 人的補償で移籍してまだプレーする前に株が上がっているのも不思議な話だが、株というのはそんなものだろう。 長野…

張本勲が守る後楽園球場の左中間くらい心が広い

いい仕事ができたな、と珍しく思った。 こんなことを思ったのは20年前、家庭教師で教えていた都留の女の子が高校に合格した時以来かも。 そうなると社会に出てから一体何をやってきたんだという話になるかもしれないが、まあいい。 今日の俺は珍しく気分がい…

タイヤ公園→とんかつマルミ→川崎競馬場

京急の雑色駅から徒歩10分。 今日は通称タイヤ公園、大田区の西六郷公園へ。 もちろん上の息子と一緒。 ネットでタイヤ公園を発見した息子の、どうしてもここに来たいという熱意に応えた父。 美しい話。 この公園、足元は砂。 子どもと駆け回りたいお父さん…

どれだけのあらゆる人間

数学の才能があったら、どれだけ人生に幅ができていただろうか。 資本家の家に生まれたら、どれだけ余計な労働をせずに生きられただろうか。 行きたかった高校を受験できていたら、どれだけ順調に人生の時間が進んだだろうか。 幸せな結婚ができていたら、ど…

関係なくインティは強かった

東海S 予想と結果 ◎インティ 1着 ◯チュウワウィザード 2着 ▲グレンツェント 8着 △アンジュデジール 12着 △シャイニービーム 9着 △マイネルバサラ 11着 3着のスマハマが無く、ハズレ。 時代は流れてしまって、武豊は予想の上ではマイナス要素の騎手になってし…

118℃のサウナ

せっかくの三連休も、前2日間はろくに外にも出ず。 倦怠感、疲労感、電池切れ。 淡々と毎日をやり過ごしているつもりでも、やれ親が手術だ両親とも入院だもしもの時の通帳はここだ墓はいらない戒名はこうだ、なんて話を聞いてりゃ疲れる。 疲れていないつも…

頑張るのは医者

仕事を休んで群馬へ。 今日は母親が手術を受ける。 父親は別件で入院中、いったい我が家はどうなっているんだろう? ただ母親の手術はいわば予防医療、緊急性はないが今のうちにというもの。 「手術頑張って」というのは月並みだが、頑張るのは医者で本人は…

味噌バターラーメン、餃子、ネギトロ巻き

昨日の夜は浅草セントラルホテルに泊まった。 次の日、早朝から出先での仕事があるため。 自腹。 せめてサウナが付いているホテルでも選ばなければやってらんねえよ。 しかし浅草の夜の散歩、街がみんなで眠っている感じが好ましかった。 ここでは抜け駆けし…

未来のことより過去のこと

武蔵境駅前はまだ去年のまま。 「2018年度」の意味なんだろうけどね。 終わってしまうと懐かしく、いい年だった気すらしてしまう2018年。 具体的に良かったことは思い出せない。 ありがとう2018年、お疲れさま2018年、それでも今さら労いたくなる。 未来のこ…

脳みそ水道管

レポートを3本書く週末。 論文でなくレポートというのがまだ楽なところだが、頭を切り替えながら3本書くのは脳に錆が出てくる年頃になっているものだから結構大変。 イメージは「どこを水が流れるの」というくらい錆玉がこびりついた経年劣化著しい水道管、…

昭和九十四年 元旦

土佐山田駅からバスに乗ってアンパンマンミュージアム、やなせたかし記念館に行ったのでした。 元旦の朝からこのバスが運んだのは、運転手さんと私とアンパンマンの仲間たちだけでした。 Q「この世界の国々には法律はありますか?」A「はっきりした政治や法…

今年最後のあけぼの湯

昨日の夜はあまり眠れなかった。 どうして眠れなかったのかさっぱり分からない。 特に興奮する要素もなく、仕事納めも後味が悪くいつもと変わりのない夜だったのに。 おかげで今日は気だるく、ゴロゴロしている時間が長いだけの一日だった。 体が動かなかっ…