4月6日はロスコに行った

ロスコに行ったのは4月6日。 ほら、写真の左上に、ちょっとだけど桜の花が写ってるでしょ? これは緊急事態宣言とやらが出される前日のこと。 新型コロナウイルスの影、というより実態がすぐそこまで迫っていた。 世の中が年単位でまずいことになるらしかっ…

【圧巻二冠】オークス予想【2020】

◎デアリングタクト ○ミヤマザクラ ▲デゼル △クラヴァシュドール △ウインマイティ △リリーピュアハート 前売りでは単勝1倍台だが、これはもう◎デアリングタクトしかない。 明日は無敗でオークスを制する日になる。 ここまで3戦3勝、いずれもズバ抜けた脚を使…

予約制サウナ 北欧

上野駅の中央口改札前には警官がたくさんいた。 誰も彼もマスクをしている現状では、指名手配犯を探すのは無理だろう。 しかしだからといってやたらと職質している気配もない。 警官というのは日頃から好感を持てない対象だけれど、今は緊急事態宣言の下でも…

木内幸男監督の話

タイトルは『木内幸男監督の話』でも、俺は常総学院で野球をしていたわけではない。 一度だけ、木内監督率いる常総学院と練習試合をして、大敗して、野球なんぞ辞めちまえと怒鳴られたことがあるだけだ。 高校3年生、一番昼間が長い季節のそれでもまだ暗闇が…

【人気盲点】ヴィクトリアマイル予想【2020】

◎ノームコア ○サウンドキアラ ▲アーモンドアイ △プリモシーン △ダノンファンタジー △ビーチサンバ ◎ノームコアはアーモンドアイの出走で影が薄くなっているが、なんといっても去年の同レース覇者。 東京コースも通算3戦2勝の3着1回と全て馬券絡みで好相性だ…

床屋の終わり

3年間一緒に働いた職場の仲間から「〇〇さんの長所は髪が多いところだと思います」と別れの言葉を送られたのが俺だ。人間性にはまったく言及されなかったが、そこにはあえて触れないほうがいいと判断したのだろう。賢明だ。彼は非常に仕事ができた男で、今…

下々の諍いを眺めながら食う寿司は美味いか?

「世の中が戻らない」じゃなくて「自分が戻れない」。 一部の県、というより大半で緊急事態宣言が解除に。 どうして東京の感染者数ばかりが大きく報じられるのだと言われてきたが、そうこう言っているうちにこれはもう東京以外の感染者数は気にする必要もな…

岡村隆史が生きやすい世の中

保育園からのお迎えの帰り道。 「この靴を履くと足が速くなる」と3歳の息子が言うので、それなら走ってみようと公園に寄った。 遊具が封印された公園を、親子で走った。 足が速くなったのは靴のせいじゃないよ、君の成長分だ。 最近はこの子の口から「コロナ…

5/4〜5/10のコロナ戦記

5月4日(月) 相変わらず長男が咳をしている。 熱はないが当分の間は外には出られそうにない。 体調だけでなく周りの見る目との戦いでもある。 他の家族3人は異常なし。 むしろマスクと手洗いの徹底で元気。 5月5日(火) 緊急事態宣言は続くが自粛要請は終…

【波乱含み】NHKマイルカップ予想【2020】

◎ルフトシュトローム ○ウイングレイテスト ▲ギルデッドミラー △タイセイビジョン △レシステンシア △サトノインプレッサ ◎ルフトシュトロームは3戦3勝、しかし全て中山での競馬。 こういったタイプは軽視して妙味が出るのが競馬予想だが、今回は一長一短のメ…

『コロナの時代の僕ら』(パオロ・ジョルダーノ)

それはいわばリズムの止まった時間だ。歌で時々あるが、ドラムの音が消え、音楽が膨らむような感じのする、あの間に似ている。学校は閉鎖され、空を行く飛行機はわずかで、博物館の廊下では見学者のまばらな足音が妙に大きく響き、どこに行ってもいつもより…

新しい生活様式

・今さらと諦めずに楽器を弾けるようになること。なお楽器の種類については問わない。 ・オリックス・バファローズが勝っても決して驚かないこと。 ・朝早く起きてしまったら散歩に出ること。 ・高知県民とはオンライン飲み会を行わないこと。ただし実地の場…

4/27〜5/3のコロナ戦記

4月27日(月) コロナウイルス感染者数が減ると怒り出す人たち。 おそらく増えても怒るのだろう。 それならば永遠に横ばいを続けるのが理想的なのか? 再開したサイゼリヤで昼メシ、ソーシャルディスタンスでテーブルにはたくさんのバツ印。 4月28日(火) …

【大外克服】天皇賞・春予想【2020】

◎フィエールマン ○ユーキャンスマイル ▲トーセンカンビーナ △モズベッロ △エタリオウ △メイショウテンゲン ◎フィエールマン。 2008年のアドマイヤジュピタ以来大外枠の勝利がない天皇賞・春。 それどころか2009年以降は人気より好走した馬がいない大外枠。 …

4/20〜4/26のコロナ戦記

4月20日(月)仕事は休みで終日家に引きこもる、模範的自粛生活。橋下、堀江、舛添、東国原。このあたりのメンツが張り切っているのが不快で仕方がない。「誰々がこう言った」「誰々がこうツイートした」だけの記事はすべてミュートしたい。今は細々と情報収…

塀の外の競馬

やくざだった父親が殺人をおかして刑務所にはいった。その子はいつも府中の長いコンクリートの塀を見上げて「この中に父ちゃんがいるのだ」と思っていたが、ある日、思い切ってそのコンクリートの塀をよじのぼって塀の中をのぞき込んだ。すると中は刑務所で…

アフターコロナはオンライン無縁仏

この2週間が瀬戸際です、を繰り返した40年間だった。 俺は素直に40年間外に出ていない。 これがあるべき国民の姿であって、あくまで自主的に自粛を続けたということだ。 ここまできたら表彰されるべきだと思うが、外出は危険だからオンライン表彰でお願いし…

4/13〜4/19のコロナ戦記

4月13日(月) 仕事休み。 雨風が強い。 見えるものにも見えないものにもおっかなびっくり生きてる感じ。 夕方の恒例行事、今日の東京のコロナウイルス感染者数90人台。 週末分の検査数が少ないという話もあるが、こんなものかという感想もある。 もっと一気…

【極悪馬場】皐月賞予想【2020】

◎サトノフラッグ ○ヴェルトライゼンデ ▲コントレイル △サリオス △マイラプソディ △キメラヴェリテ ◎サトノフラッグは重馬場の弥生賞を楽勝のゴール前、上がり最速ではあったがキレに頼った競馬ではなかった。 嵐の中で行われた土曜の競馬を見る限り、今回は…

ソーシャルディスタンスは好ましい

「ソーシャルディスタンス」という言い方は嫌いだけど、堂々と人との距離を取れるのは好ましい。 あまり会話をせずに淡々と仕事しろ、という流れも元々会話をしたくない人間にとってはありがたい。 お互いにマスクをして表情を察する必要性が最初から放棄で…

4/6〜4/12のコロナ戦記

4月6日(月) 仕事休み。 昼間こっそりと出掛けたがどこに行ったか書き残さない理由は【趣味:不謹慎狩り】と本気のケンカをする羽目になるから。 明日には緊急事態宣言が出るとのこと。 「緊急事態宣言の予告」とは「自粛を要請」並みに狂った物言いだが、…

【開催感謝】桜花賞予想【2020】

◎デアリングタクト ○レシステンシア ▲サンクテュエール △マルターズディオウ △クラヴァシュドール △マジックキャッスル ◎デアリングタクト。 今年は開催されることが奇跡ともいえる桜花賞、だからこそ大器の姿を見たい。 2戦2勝で京都でしか競馬をしていない…

さっき飲んだレモンサワーが美味かったがどこで飲んだかは教えない

政治が目指した国家に国民は不要だった、ってな雰囲気の毎日を皆さんはどうお過ごしでしょうか。 誰にも気にされていないけど、私は元気です。 緊急事態宣言とやらが出た翌朝も、元気に電車で通勤キメてきました。 もとより下り電車の通勤客なので満員電車と…

カレーにおける人参の影の薄さとブラストワンピース7着

もう明日ではなくて今日のことになってしまったけど、月曜は仕事を休む。 これは前からの予定であって、ついさっきニュースになっていた「緊急事態宣言の準備入り表明見通し」に影響されたものではない。 俺はこうして淡々と夜更かしして、朝寝して、夕方に…

【馬力違う】大阪杯予想【2020】

◎ブラストワンピース ○ラッキーライラック ▲ワグネリアン △クロノジェネシス △ダノンキングリー △ロードマイウェイ ◎ブラストワンピース。 土曜の阪神コースは未勝利戦でもまずまずの時計が出ていた。 ならばキレのある馬、ダノンキングリーかラッキーライラ…

カラカラサウナ万歳!本当はレインボー本八幡に行きたかった

どうもこうもしんどいなあと思いながら生きているのだけれど、今年の4月1日は去年の4月1日よりマシだった。 朝から晩まで監禁されて強制労働させられていた去年より、子どもと一緒に風呂に入れた今年のほうが圧倒的にまともな一日だった。 こんな時代、部下…

失われた春とモズアスコット13着

失ってからはじめて気づく自分の感情。なんて書き出したところで、俺は冴えないままで四十を迎えた完成形の欠陥品なので、どうやっても美しい話にはならない。ただこうして今年の春が消滅すると、思いのほか淋しいものだなと、そして悔しいものだなと、思う…

【突き破る】高松宮記念予想【2020】

◎モズアスコット ○タワーオブロンドン ▲ダイアトニック △グランアレグリア △ダノンスマッシュ △ノームコア 2011年3月の東日本大震災の後。 世の中は暗く放射能は恐ろしく、スポーツ紙にもスポーツが出てこない。 そんな時期に遠い遠い中東の空の下で、国際レ…

船橋グランドサウナandカプセルホテル(千葉県船橋市)

コロナウイルスのおかげで、まるで戦時下のように不要不急の外出は控えましょうという話になっている、令和2年3月24日。 船橋駅に近い天沼弁天池公園に咲く桜も、どことなく所在なさげだ。 きっと桜は何も考えていなくて、それは見る人の感覚でしかないのだ…

サウナで発注と受注

昨日の山梨からの帰り道。中央道は混んでいて、上野原からの下道も混みだしていて、ツイッターには「天気がいいから外に出るなんて日本人は警戒心が無さすぎる。日本人は甘い。パンデミックはまだまだこれからだ。思い知るためにも日本人はどんどんコロナウ…