読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相模浴場(相模原市)

看板だけは見たことがあって、入ったことはなかった相模浴場での初サウナ。 入浴にサウナ、さらにタオルから諸々がついた手ぶらセットを合わせて970円。 詳しくは下記、相模浴場のホームページからご確認を。 http://www.sagamihara-sentou.com 遠赤外線サウ…

オークス予想

◎モズカッチャン ○ホウオウパフューム ▲ソウルスターリング △リスグラシュー △アドマイヤミヤビ △ヤマカツグレース △フローレスマジック 思い返せば桜花賞、絶対の存在だったソウルスターリングが終わってみれば3着。 矢作調教師が打倒ソウルスターリングに…

駒の湯(世田谷区)

赤い看板は夜に撮るとぼやけてしまうから、昼間のうちに。 なんて、明るいうちから銭湯という贅沢でヤクザな暮らしが普段からできる身分ではない。 今日はたまたま、こうなった。 世田谷区三軒茶屋、駒の湯は毎週月曜日と第1、第3火曜日がお休み。 シャンプ…

5月14日(日)の日記

一日中ゴロゴロしている日が最高! という思いは変わらない。 しかしそれでも今日5月14日、日曜日。 平日と同じように朝起きて休日出勤(妻が弁当を作ってくれた。ありがとう)。 午前中は仕事して、終わったらマルシンスパでサウナ。 帰ったらヴィクトリア…

黒潮皐月賞(高知)予想

◎フリビオン ○ワンダフルメモリー ▲シュタルク △モミヂノニシキ △パッパカ 高知競馬のクラシック一冠目。 一番人気濃厚だが、フリオーソ産駒のフリビオンからいきたい。 12戦8勝で負けた4戦も2着と3着が2回ずつ、要するに複勝率100%の安定感だ。 敗れたのは…

おとぼけ課長の最終回

植田まさしと聞けば『かりあげクン』か、『コボちゃん』か、はたまた『フリテンくん』か、それとも高知競馬の騎手か… というところで、実はバリバリ連載中だった『おとぼけ課長』がまんがタイム6月号で最終回を迎えていた。 連載期間はなんとまあ36年間! 最…

みんなどこ行った?

2002年3月、卒業。 2017年5月現在、37歳。 仕事をしていて、本当に同世代の人間と接点がない。 それは取引先においてもそうだし、自社内においてもそうだ。 せこい割に社員数はそこそこいるはずなのだが、同世代はほとんどいない。 俺も30歳過ぎて転職で入っ…

放ったらかしの広いグラウンドで

放ったらかしの広いグラウンドで、息子とふたり、暗くなるまでサッカーを。 サッカーゴールも放ったらかしのまま置いてあったから、いつの間にか年齢差33歳のPK戦。 4歳児でも、ボールの扱いに慣れれば37歳中年(シジマールより全然若いぞ!)の逆を突くよう…

『勝ち過ぎた監督 駒大苫小牧幻の三連覇』(中村計)

「香田の機嫌の良し悪しはわかりやすかった。機嫌が悪いと、目が細くなり、耳まで赤らむ。選手とあいさつを交わすときのナンバーワンのポーズの位置も低く、どこかおざなりになる」 「(香田)監督は、高いから買えない、じゃなくてまず買っちゃうんですよ。…

大井競馬場で逢おう

通算7000勝を目指す60歳的場文男とガンバルサムライ。 残念ながら2番人気7着でした。 的場文男、今日は勝ち星を上積み出来ず。 あと7勝! 次回大井開催あたりでの達成になるだろうか。 少々遅れても東京ダービーで達成してくれる、というのもまた素晴らしい…

天皇賞春予想

◎キタサンブラック ○サトノダイヤモンド ▲シャケトラ △シュヴァルグラン △レインボーライン 内枠有利、長丁場は距離のロスなく運んだ馬が有利になる。 3200mの天皇賞春の傾向においても、そんなの当たり前。 ならば軸は2枠3番キタサンブラックに落ち着くのが…

夕張、苦うばり、猫ばかり

昔々、21世紀になって間もない頃。 中央道の上野原から大月の区間で付け替え工事をしていて、俺はそこで道路警備員として働いてた。 工事現場ではそりゃ、重機動かしてガッシンガッシン作業する人間の地位が上。 警備員、それも学生バイトの俺はカーストの最…

富川駅に列車は来ない

北海道、メジャーリーガー田中将大を輩出した駒大苫小牧高校がある苫小牧から、馬産地の日高を経由して様似までを結ぶ日高本線。 2015年1月から、途中の鵡川から終点様似まで列車は運行されていない。 土砂流出による運行不能状態。 災害により運行出来なく…

門別競馬場で逢おう

人生初の門別競馬場。 各所でされている「歩いて来場することが前提になっていない」という紹介が事実であることを、富川駅から歩いてきたことで実感する。 今日のお客さん何百人いたのかは知らんけど、もしかして歩いてきたのは俺ひとりじゃないか? パドッ…

北欧の夜

北欧といってもスウェーデンやデンマーク、もちろんフィンランドの話でもない。 上野のサウナ「北欧」の話。 見出し詐欺、ごめんね。 とはいえここ、サウナ北欧の夜も素晴らしい。 サウナは108度を計測の熱々、水風呂は深く上野の空を眺めながら風を受ける外…

『成駿伝 孤独の◎は永遠に』(「成駿伝」製作委員会)

「ダービーは、皐月賞で一番いい脚を使った馬を買え」 『1馬』でバリバリ活躍していた頃を俺は知らない。 清水成駿といえば東スポの馬單三國志で、G1の季節の土曜夕刊の一面が指定席のイメージ。 東スポでの連載を開始したのは2002年のことだったという。 俺…

普通の子だった

4歳の長男、生後1.5ヶ月の次男。 ふたりの面倒を一手に引き受ける、となれば次男に向けるウエイトが大きくなるのは必然。 泣けばオムツを替え、ミルクをあげて…などとやっていれば、長男のことは構ってあげられない。 「僕とも遊んでよ」 「外に行きたいよ」…

【要注意】このブログは乗っ取られています

このブログ主は、かつては自分より他人に愛を向ける優しい男でしたが、そんな感情はマンションの屋上から放り投げた。 このブログ主は、かつては読書を好んでいましたが、そんな知的好奇心は年月の経過とともにすり減って消えた。 このブログ主は、かつては…

戦い終えて 皐月賞

三連単100万馬券の皐月賞だった。 勝ったアルアインは高評価していたのだが、結果的にはスワーヴリチャードと心中した形に。 まあこんな皐月賞は当たらんね。 こんなじゃなくても当たらんのだが。 現地観戦の皐月賞は、ゴールドシップの時以来。 中山競馬場…

二十四万石賞(高知)予想

◎セトノプロミス 今年の2月に小倉競馬場で準オープンの門司Sを走っていた実績はメンバー中最上位。高知競馬では長距離の1900mもこの馬にはプラスに働くと見る。ベテラン西川敏弘の手腕が冴える日曜の夕方、皐月賞で痛い目見てもここで取り返せる!はず。 ○マ…

皐月賞予想

◎スワーヴリチャード 東スポ杯の2着は上がり最速、「勝ちに等しい」と評されていたはず。共同通信杯も上がり最速で今度は1着、「器が違う」と評されていたことも覚えている。にも関わらず現在単勝7倍台の3番人気に甘んじているのは、スタートの悪さに象徴さ…

ハートビートナイターと森泰斗2000勝

大井競馬場は「トゥインクルレース」、川崎競馬場は「スパーキングナイター」、そして船橋競馬場は「ハートビートナイター」。 やっぱりおっさんセンスの名称ではありますね。 しかしまあ、カタカナにしても抜け切らない野暮ったさ、嫌いではない。 あまりに…

つぼやサウナ(木更津市)

内房線、木更津駅を降りて歩く。 歩く。 もっと歩く。 さらに歩く。 そしてようやくサウナきさらづ「つぼやサウナ」に到着。 探り探り歩いたせいもあるが、木更津駅から30分超。 帰りはイオンモール木更津から出ている路線バスを利用、そしたら10分もかから…

桜花賞予想

◎ソウルスターリング 寺山修司なら「俺は本命は負ける乱世の時代じゃなきゃ面白くないんだ」と言い、「何でもいい、とにかくソウルスターリングを負かす馬のファンになってやる」と言いそうなレースだ。しかしとかく経済的な乱世の中で翻弄され痛めつけられ…

オリックス2-0西武

所沢の屋根付き野球場は、いつの間にか「メットライフドーム」なる名前になっていた。 メットライフとは何ぞや?と思い調べてみたら生命保険の会社だった。 こうさせることがネーミングライツの効果なんだろうか。 しかし当面、保険を見直す予定はないのでメ…

日体大荏原の背番号13

どことなくかつての近鉄小池の「命投法」を彷彿とさせる、日体大荏原の背番号13。 分かりやすい変則サウスポー。 府中市民球場で高校野球、春季大会なんぞやっていたものだからつい覗いてしまった。 座った瞬間、立教池袋の選手が逆転満塁ホームランを放って…

大阪杯予想

◎サトノクラウン 直行ではなく京都記念を叩いてきてくれた、大阪杯に合わせた本気度。そしてシュタルケが騎乗しない堀厩舎の有力馬。マルターズアポジーが逃げるか、そこにロードヴァンドールが捨て身で競りかけるか。そんな先行争いを好位で眺めながら抜け…

そして3月は死んだ

もう特段別れが寂しい歳でもなく、出会いに期待する歳でもなくなっている。 だから3月から4月へ、特に何にも。 ただ3月最後の日、入ったラーメン屋は素晴らしかった。 ずっとNOKKOの曲が流れていて、忘れな草、ゆうぐれなき…おじさんになるとこのあたりの曲…

高松宮記念予想

◎セイウンコウセイ 毎年馬場状態を巡ってなんやかんやと評されるイメージのある高松宮記念。今年もまた小雨の天気に稍重発表の馬場と、正直どう予想に反映していいか分からない状態。ゲート入り直前に雨が強くなって「どうしてこんなに降るんや」とスギノハ…

鶴見線 猫が住む駅 扇町

工業地帯を行く鶴見線には分岐があって、単独の末端駅が3つ存在する。 海芝浦、大川、扇町。 猫が住んでいるのは、扇町。 扇の末広がりのように、工業地帯が発展することを願ってつけられた駅名なのだという。 それが扇町。 いったい何匹の猫がこの駅にいた…

バッティングセンターは生きている

イチローが土井正三監督から解放されてスターになったのはオリックスブルーウェーブでの3年目、20歳の頃だった。 父親の「チチロー」と春日井のバッティングセンターで練習に励んだ少年時代のこともよく語られていた。 210本の安打を記録したシーズン後、実…

土佐春花賞(高知)予想

◎メイソ 3歳の若駒10頭の重賞。道悪競馬が日常の高知競馬だが、今日は良馬場。良馬場の1600で勝ち星のあるメイソならこの条件でも不足なし。別府真衣という騎手は競馬に関わるといつも苦い、苦しげな表情をしている印象がある。向上心の表れなのだろうが、今…

ダイオライト記念(船橋)予想

◎クリソライト 3連覇濃厚。どうしたって層が薄くなるダート長距離路線、去年も一昨年も勝ってるこの馬が一番強いに決まっている。気になるのは衰えだが、7歳はこのメンバーにおいては中間値。地方競馬好きはユーロビートに逆転の望みをかけるところだろうが…

黒船賞(高知)予想

◎ニシケンモノノフ 「交流レースは賞金が安いので…」と中央の調教師が口にしていたインタビュー記事を見た記憶がある。黒船賞は1着賞金2100万円。上昇機運の真っ只中とはいえ、高知競馬にしてみれば目一杯の金額。これを全力で取りにくるモチベーションがあ…

子連れ狼銭湯に行く あけぼの湯(府中市晴見町)

現在妻は生まれたての二人目の子と一緒に信州の実家。 上の子は、俺とともに府中で過ごして保育園に通う日々。 長い期間ママと離れて過ごすのは初めてのことなので、寂しくて毎日泣いている、なんてこともなく、応援に来てくれている父親方のおじいちゃんお…

サウナとサウナとサウナとサウナ 37歳サウナの日

【ザ ベッド&スパ】(所沢) 午前8時入店。 満37歳はいくつもの温浴施設に無料入浴できてしまう今日、受付で「すいません、37歳なんですが…」と申し出て運転免許証を確認してもらうと、地獄ロウリュの閻魔西澤さんが笑顔で「お時間は何時間でも、楽しんでい…

救えなかった高崎競馬場

住宅の案内図に残る高崎競馬場。 高崎競馬場が競馬場として存在していたのは2004年末まで。 最後の開催日は雪のために途中で打ち切られ、メインの高崎大賞典は発走できなかった。 最後のレースのパドック、降り続く雪の中で騎手たちは観客に「これが最後のレ…

丸窓電車に会いに行く 復活の上田電鉄別所線

北陸新幹線が通る、ただし「かがやき」は停まらない上田駅。 その上田駅から名湯別所温泉を結んでいる上田電鉄別所線。 全線、全駅が長野県上田市内。 『真田丸』なる大河ドラマが、この別所線に何をもたらしてくれたのかは分からない。 少なくとも「真田幸…

エンプレス杯予想

◎リンダリンダ 牝馬中距離路線の安定株。にも関わらずまだまだ爆発力が隠されている気がしてしまうのはその馬名ゆえか。しかし前走TCK女王盃では、今日も人気のワンミリオンスより前に行く競馬でコンマ1秒差の2着。ならば直線短い川崎で押し切る、というのは…

子どもが生まれる前の日の話

風邪気味だな、と思いながら「気味」のうちにやることをやっておこうと思い、髪を切りに行く。 昔ながらの床屋、に見せかけて今風のディスカウントバージョンの店。 「今日は子守じゃないの?」 「いや、今ひとりなんですよ」 「あれ、奥さんと子どもさんは…

折笠豊和の単勝馬券

金曜日、記念すべき第1回のプレミアムフライデーを勝手に朝から実行し、仕事をお休み。 プレミアムフライデーって、来月もまたあるの? というわけで浦和競馬場へ。 先日引退した折笠豊和騎手の展示コーナーがあると、「田倉の予想」のブログにあった。 これ…

忘れられた父親

2月に入ってから、4歳の息子と会っていない。 夫婦不仲で妻が子どもを連れて実家に帰ってしまって…というわけではなくて、実家に帰ってはいるのだけれど、里帰り出産のため。 順調にいけば、順調にいってくれるはずだが、来月の今頃には家族がひとり増えてい…

フェブラリーS予想

◎ベストウォーリア 7歳以上は苦戦するレースであること、マイルでは特に詰めの甘さが顕著になる馬であること。分かった上で「覆せ!」と言ってやりたい。元々使い込むローテーションを取ることが多いダート馬だが、この馬は休養後に根岸Sを叩いてのフェブラ…

終着駅は西寒川駅

土曜日の午前中を働いて、午後からの週末モード。 半ドンってやつですな、もちろん本当は一日休みたかったんだけど。 その午後は相模線で寒川へ。 上の写真は寒川駅にほど近い「大門踏切前」の交差点。 踏切の向こうは寒川神社の参道。 そしてこちら側にはか…

サウンドトゥルーの落としどころ

フェブラリーSに出走するサウンドトゥルー。 主戦の大野が騎乗停止を食らってしまったサウンドトゥルー。 いつまで経っても鞍上未定のままだったサウンドトゥルー。 フェブラリーSの日、9レースに組まれているヒヤシンスSに大井からの遠征馬がいる。 この馬…

橋本駅で185系

昨日の仕事帰り、橋本駅の横浜線のホームに面していない中線に回送幕の185系が停まってた。 185系の6両編成はまさに「はまかいじ」で、週末には横浜線を走っている。 しかし橋本駅に留置状態になっているのは珍しくて、車両もピカピカに見えて存在感があった…

橋口アナって素晴らしい

高知競馬名物、最終の一発逆転ファイナルレースのゲート入り前に、 「ふたりのジョッキーを派遣してくださった関係者の皆様、ありがとうございました」 ゴール後は、 「中田貴士騎手、鴨宮祥行騎手、ありがとうございました」 橋口浩二アナ、素敵。 インフル…

洛陽ステークス、フジワンマンクロス、田原成貴

京都メインの洛陽ステークス、ダッシングブレイズが強いことは分かっていながら、休み明けを嫌って頭に据えた組み合わせは買わず、ハズレ。 この馬場ではサトノラーゼンはないだろうと、そこのところは的中しておきながら、ハズレ。 ついでに東京メインのク…

モノに嫌われた俺の話

一昨日、定期券を失くした。 suica定期券。 失くした場合の手続きを調べて、約1000円の手数料で再発行可能なこと、駅に紛失を届け出ると翌日に再発行した定期券を受け取れることを知った。 財布を失くすよりダメージは少ないが、それでもどこかに俺の定期券…

佐賀記念予想

◎ロンドンタウン 佐賀競馬ゆかりの血統、川田将雅騎乗のこの馬から。ここは川崎記念でもフェブラリーSでもなく、1着賞金2300万の佐賀記念。前々走武蔵野S8着、前走東海S7着のステップがいかにも佐賀記念有力馬の雰囲気。東海Sは勝ったグレンツェントにコンマ…